"/>

科学の雑学Q&A

『ガムの原料・作り方は?(製造工程)/なぜのびる?(理由)』を2分で!

更新日:

 

今回は『ガムの雑学』として、

1、ガムの【原料【作り方は?/製造工程

2、なぜ【のびる?/理由

の2つを中心に、”わかりやすく・簡単に” まとめていきます。

スポンサーリンク

ad

ガムの作り方は?(製造工程)/なぜのびる?(理由)

 

ガムの原料・作り方は?/製造工程

 

まずは『ガムの原料・作り方は?/製造工程』から。

 

ガムの原料は、

 ガムベース(植物性樹脂)

 香料

 砂糖

の3つがメインで、商品ごとに

ミント

キシリトール

などが加えられます。

スポンサーリンク

ad

ガムの作り方は

1、原料を混ぜまくる

2、整形する(板ガムやボトルガム用の形に)

3、冷やす(商品によってはシロップでコーティング)

4、包装

というのが大まかな製造工程になります。

 

ガムはもともと

サポディラという木の樹脂(チクル)

を噛んでいただけのものなので、製造工程も

「噛みやすい」&「唾液で消化しにくい」物質に味付けしただけ

です。

 

現在では、チクルの代わりに

サク酸ビニール樹脂(プラスチックの仲間の樹脂)

を利用することが増えましたが、

作り方はほとんど同じ

です。

 

以上、『ガムの作り方は?/製造工程』について簡単にまとめました。

続いて、「どうしてガムがのびるのか」の仕組みをみていきましょう!

スポンサーリンク

ad

ガムはなぜのびる?/理由

 

ここからは『ガムはなぜのびる?/理由』です。

 

ガムがのびる理由は、ずばり

原料の樹脂分子が壊れにくいから(≒ 弾力性)

からです。

 

トランポリンやハンモックをイメージ

してもらうとわかりやすいですが、

(分子に)力を加えても伸びるだけで、結合がちぎれにくい

ため、

ガムはすごい伸びるけど切れることはない

わけです。

 

ただし、

ゴムと違って弾力性が弱い(高分子鎖間結合の違いによる)

ため、ゴムほど

もとの形には戻ってくれない

ことが多いでしょう。

 

ここまでをまとめると、

 ガムの作り方は? ⇒ 原料(ガムベース・砂糖・香料など)を混ぜて冷やすだけ

 ガムはなぜのびる? ⇒ 原料の樹脂分子が壊れにくいから

となります。

 

ちなみに、

ガムは賞味期限が記載されていない

商品です(トクホのガムは例外)。

 

賞味期限がない理由は

原料が安定している & 水分が少ない

ことによって、

化学変化が生じにくいから

です。

 

この辺は以前の記事

『ガムの賞味期限はどのくらい?/未開封・開封別の目安』を2分で解説!

で紹介しているので、興味のある方は参照してみてください。

 

 

以上、『ガムはなぜのびる?/理由』でした。

これにて『ガムの作り方は?(製造工程)/なぜのびる?』は終了です。

ご朗読ありがとうございました<(_ _)>

ad

ad

-科学の雑学Q&A
-生物, 科学, 雑学

Copyright© 科学情報誌(HOME) , 2018 AllRights Reserved.