"/>

物理学・天文学 科学の雑学Q&A

ガムの賞味期限はどのくらい?/未開封・開封別の目安|疑問を2分で!

更新日:

 

今回は『ガムの賞味期限』として、

1、【未開封の賞味期限

2、【開封済みの賞味期限

の2つにわけて、”わかりやすく・簡単に” まとめていきます。

スポンサーリンク

ad

ガムの賞味期限はどのくらい?/未開封・開封別の目安

 

”未開封” ガムの賞味期限

 

まずは『”未開封” ガムの賞味期限』から。

 

未開封の賞味期限は、

5~10年

1つの目安です。

スポンサーリンク

ad

ガムの原料は

 ガムベース(植物性樹脂)

 香料

 砂糖

すべて化学変化が生じにくい(腐りにくい)物質

であるうえ、

含まれる水分が非常に少ない

ので、化学的には

数十年は安全に食べる

ことができます。

 

しかし、現実的には

 容器の破損

のリスクがあるため、

2年ほどを目安に食べ始める

ことを心掛けましょう。

 

ちなみに、

リカルデント

キシリトール

といった

特定保健用食品(トクホ)のガムに ”だけ” 賞味期限がある

のは、単に

国の審査の都合上

で、ほとんど意識する必要はありません

 

ほかに

賞味期限がない食品

として

 砂糖

 塩

 アルコール(度数の高いもの)

 梅干し(塩分の多いもの)

が有名ですが、いずれもガムと同じように

化学反応が進みにくい物質

です。

 

ここまでをまとめると、

 未開封の賞味期限 ⇒ 5~10年(以上)

 なぜそんなに長い? ⇒ 水分が少なく、化学反応が進みにくい原料だから

となります。

 

以上、『”未開封” ガムの賞味期限』についてまとめました。

続いて、「一度あけてしまったガム」の賞味期限がどうなるのか簡単にみていきましょう!

スポンサーリンク

ad

”開封済み” ガムの賞味期限

 

ここからは『”開封済み” ガムの賞味期限』です。

 

開封済みになると、

空気中の水分が、ガムの容器内に入ってくる

ことになるので、

賞味期限は大幅に短く

なります。

 

具体的な賞味期限は、

保存場所の「湿度」と「温度」に大きく左右

され、

 夏場 ⇒ 1~1.5ヵ月(湿度70%、温度30℃)

 冬場 ⇒ 1.5~2.5ヵ月(湿度55%、温度10℃)

1つの目安です。

 

この期間は、あくまで

おいしく食べられる期間

で、

”安全” に食べられる期間であれば2~3倍

は伸びます。

 

ただし、

ボトル製のガム

に関しては、

湿気が溜まりやすい

ため、時間が経つにつれて

 ”風味” と ”噛み応え” が徐々に落ちていく

傾向にあります。

 

よって、メーカーの表記通り

「開封後はお早めにお召し上がりください」

という忠告を素直に守った方がいいでしょう。

 

一応、

「賞味期限」と「消費期限」の違い

を整理しておくと

 賞味期限 ⇒ ”おいしく” 食べられる期限

 消費期限 ⇒ "安全に” 食べられる期限

なので、

賞味期限 ⇒ 切れても問題ない(& 大して味も落ちないことが多い)

消費期限 ⇒ 切れたらちょっと危険(それでも余裕を持たせて設定しているので数日過ぎても大丈夫)

という感じです。

 

まとめると、

 開封済みの賞味期限 ⇒ 1~2.5ヵ月(温度・湿度により異なる)

 期間を過ぎたら食べない方がいい? ⇒ 安全面では問題ないが、味は落ちることが多い

となります。

 

食べ物全般について言えることですが、

変な臭いや味がしなければだいたいイケる

という認識で問題ないでしょう。

 

食中毒になっても責任はとれませんが、生物学的にヒトはそんなヤワな生物ではありませんし、一定の細菌は胃酸が殺してくれます。

 

以上、『”開封済み” ガムの賞味期限』でした。

これにて『ガムの賞味期限はどのくらい?/未開封・開封別の目安』は終了です。

ご朗読ありがとうございました<(_ _)>

 

ad

ad

-物理学・天文学, 科学の雑学Q&A
-雑学

Copyright© 科学情報誌(HOME) , 2018 AllRights Reserved.