"/>

科学の雑学Q&A

秋に紅葉&葉が落ちるのはなぜ?|疑問を2分で!

投稿日:

 

今回は『植物の雑学』として、

1、秋に紅葉するのはなぜ?

2、葉が落ちるのはなぜ?

という2つの疑問に、”わかりやすく・簡単に” 答えていきます。

秋に紅葉&葉が落ちるのはなぜ?

 

秋に紅葉&葉が落ちるのはなぜ?

 

さっそく『秋に紅葉&葉が落ちるのはなぜ?』の答えから!

 

秋に葉が落ちる理由」は、ずばり

 【冬の乾燥】によって葉から【水分が蒸発】して枯れてしまうのを防ぐため

で、「紅葉する理由」は

葉に【栄養】がいかなくなる

ことで

【緑色の色素】である【クロロフィル】が壊れ

て、

① 【黄色の色素】である【カロテノイド】の色が目立つようになる(黄色い紅葉)

② 【赤色の色素】である【アントシアニン】が葉に残った糖から生成される(黄色+赤色の紅葉)

からです。

スポンサーリンク

ad



植物に限ったことではありませんが、「生物が生きる最大の目的」は

【自分の遺伝子】を後世に残し【繁栄】させること

で、言い換えれば

【優秀な子供】を産んで【大人に育てる】ことが何よりも大切

です。

 

そのため、

秋に葉を落とす【落葉樹(らくようじゅ)】

【春】~【夏】

という

【太陽】がたくさん降り注いで暖かい!

【雨】が多くて水に困らない!

【虫】や【鳥】といった【花粉媒介者】&【種子散布者】がいっぱいいる!

などの条件が整った時期に

集中して子孫を残している

わけですね。

 

一方、

葉を落とさない&紅葉もしない【常緑樹(じょうりょくじゅ)】

には

葉っぱから水分が蒸発してしまうのを防ぐ仕組み(葉を細く太くする、クチクラ強化など)

が備わっている種も多く存在していますが、基本的には

1年を通して【乾燥がひどい】or【寒さが厳しい】時期が短い環境(はっきりした四季がなく年中成育しやすい熱帯雨林など)

にいるために、

葉を捨てなくても生きていける

場合がほとんどです。

 

もちろん、常緑樹といっても葉の入れ替わりは発生(1~3年周期が多い)しているのでお忘れなく!

 

以上、『秋に紅葉&葉が落ちるのはなぜ?』について簡単にまとめました。

お読みいただきありがとうございました<(_ _)>

 

『秋に紅葉&葉が落ちるのはなぜ?』まとめ

 秋に葉が落ちる理由 ⇒ 水分の蒸発を防ぎ耐寒するため

 秋に紅葉する理由 ⇒ クロロフィル色素(緑色)が減り、カロテノイド色素(黄色)が目立つようになる、または残った糖によりアントシアニン色素(赤色)が生成されるから

ad



ad



-科学の雑学Q&A
-雑学

Copyright© 科学情報誌(HOME) , 2019 AllRights Reserved.