"/>

科学の雑学Q&A 生物学

風邪のとき鼻水が出るのはなぜ?|疑問を2分で!

投稿日:

 

今回は『風邪(かぜ)の雑学』として、

風邪のとき鼻水が出るのはなぜ?

という疑問に、”わかりやすく・簡単に” 答えていきます。

風邪のとき鼻水が出るのはなぜ?

 

風邪のとき鼻水が出るのはなぜ?

 

さっそく『風邪のとき鼻水が出るのはなぜ?』の答えから!

 

風邪のとき鼻水が出る理由」は、ずばり

 鼻に入ってきたウイルスを洗い流すため

です。

スポンサーリンク

ad



風邪の原因」となる

ウイルスの多くは【鼻】か【口】から侵入

してくるのですが、

 鼻 ⇒ 鼻水

 口 ⇒ 痰(たん)

によって、

今よりもさらにウイルスが侵入してくるのを防御

し、さらに

【くしゃみ】&【咳(せき)】

によって

ウイルスを体外に排出

する防衛反応も備わっています。

 

ここで、注意してほしいのは

【鼻をかむ】ときには ”ゆっくりと片方ずつ” かむ

を意識することです。

 

鼻と耳はつながっている

ため、風邪をひいている時に両鼻をおさえて一気にかむ

 鼻腔に大きな圧力が加わり逆流 ⇒ 耳に鼻水が流れ込む

ようになりやすいため、

耳までウイルス・細菌が入り込んで【中耳炎】などを発症するリスクが高まる

ことになります。

 

そのため、今日覚えるべきことは

 鼻水はウイルス排除の防衛反応

 鼻は片方ずつゆっくりかむ

の2つです!

 

以上、『風邪のとき鼻水が出るのはなぜ?』について簡単にまとめました。

お読みいただきありがとうございました<(_ _)>

 

『風邪のとき鼻水が出るのはなぜ?』まとめ

 風邪のとき鼻水が出るのはなぜ? ⇒ 鼻に入ってきたウイルスを洗浄するため

ad



ad



-科学の雑学Q&A, 生物学
-雑学, 生物

Copyright© 科学情報誌(HOME) , 2019 AllRights Reserved.