"/>

科学の雑学Q&A

『ポテトチップスの原料・作り方は?(製造工程)/自宅でも作れる?』を2分で!

更新日:

 

今回は『ポテトチップス』として、

1、ポテトチップスの【原料】【作り方】/【製造工程】

2、自宅でも作れる?/【ポイント】【コツ】

の2つを中心に、”わかりやすく・簡単に” まとめていきます。

スポンサーリンク

ad

『ポテトチップスの原料・作り方は?(製造工程)/自宅でも作れる?』

 

ポテトチップスの作り方/製造工程

 

まずは『ポテトチップスの作り方/製造工程』から。

 

ポテトチップスの原料

1、ジャガイモ

2、油(パーム油とコメ油のブレンドが人気)

3、調味料(塩・のり・コンソメなど)

で、作り方

 ジャガイモの皮むき & 芽取り

⇒ 薄くスライス

⇒ フライヤーうを使って2分ほどで揚げる

⇒ 味付け

⇒ 包装

というのが大まかな製造工程になります。

 

基本的に

ジャガイモを切って油で揚げるだけ

ですが、

「ジャガイモ」と「油」

スーパーで売っているものとはまったく違います。

 

ジャガイモは

デンプンが多く糖度の低い「加工用のジャガイモ」

を使っていて、スーパーでよくみる

メイクイーン

男爵薯(だんしゃくいも)

とは品種が違います

 

よく

”お店で売れないジャガイモを使ってポテチを作っているんじゃ…?”

と誤解されがちですが、

ポテトチップスに適した専用のジャガイモがちゃんと生産

されているので安心してください(大手メーカーの場合)。

 

また、

に関しては、

 酸化しにくいパーム油

 風味のいいコメ油

を混ぜることで、

油を繰り返し使用

できるようにし、

コストを大幅に抑えている

企業が多い傾向にあります。

 

湖池屋やカルビーといった大手では

すぐに油を使い切る

ことになるので

鮮度には問題ない

でしょう。

 

以上、『ポテトチップスの作り方/製造工程』について簡単にまとめました。

続いて、「自宅で作る場合」にはどうしたらいいのかみていきましょう!

スポンサーリンク

ad

自宅でポテトチップスを作れる?/ポイント・コツ

 

ここからは『自宅でポテトチップスを作れる?/ポイント・コツ』です。

 

結論から言うと、

 商品のポテトチップスのようにおいしくするには手間がかかる

ことが多いので注意してください。

 

手間がかかる理由は、

 油のブレンドが面倒

 揚げ具合の判断が難しい

 1枚1枚揚げていくので時間がかかる

などたくさんありますが、今回は

早くてそこそこ簡単な調理法

をご紹介します。

 

まず、材料は

じゃがいも(できるだけ大きいもの)

油(なんでもOK)

塩(なんでもOK)

だけで、手順は

1、ジャガイモを薄くスライス

2、塩水にジャガイモを30分浸す

3、油を170~190℃まで加熱

4、ジャガイモの水気を拭き取り、”1枚ずつ重ならないように” 揚げていく

5、きつね色になった取り上げて、空気でゆっくり冷ます

です。

 

ポイント・コツは、

”1枚ずつ重ならないように” 揚げていくこと

で、まとめて揚げると

熱が均等に加わらないなり、食感に差がでて

おいしくなくなります。

 

本当は、コメ油を使ったり、ジャガイモの下処理に時間をかけた方がおいしいのですが、そこまでしても

売っている商品のような食感にはならない

ので、手軽さから上記の方法がおススメです。

 

 

以上、『自宅でポテトチップスを作れる?/ポイント・コツ』でした。

これにて『ポテトチップスの原料・作り方は?(製造工程)/自宅でも作れる?』です。

ご朗読ありがとうございました<(_ _)>

 

ad

ad

-科学の雑学Q&A

Copyright© 科学情報誌(HOME) , 2018 AllRights Reserved.