『はんぺんの原料・作り方は?(製造工程)/栄養・カロリーは?』を2分で!

更新日:

 

今回は『はんぺん』として、

1、はんぺんの【原料】・【作り方】は?/製造工程

2、【栄養】は?

3、【カロリー】は?

の3つを中心に、”わかりやすく・簡単に” まとめていきます。

スポンサーリンク

アドセンス自動




『はんぺんの原料・作り方は?(製造工程)/栄養・カロリーは?』を2分で!

 

はんぺんの原料・作り方は?/製造工程

 

まずは『はんぺんの原料・作り方は?/製造工程』から。

 

はんぺんの原料は

1、魚のすり身(魚肉を練ったもの)

2、卵白

3、山芋

4、調味料(塩など)

の4つがメインで、作り方は

(すり身の製造)

 白身魚の肉を水に浸け、脂肪や血液など不純なものを溶かす

⇒ 脱水し、リファイナー(叩き潰す機械)で骨・皮を取り除く

⇒ サイレントカッターで魚肉を細かくすり潰す(⇒ 練りものに)

(はんぺんの製造)

 すり身に「卵白」「山芋」「」を加え、空気を含ませながら混ぜる

⇒ 四角や三角に成形し、ゆでる

⇒ はんぺんを冷やしたのち、包装する

というのが大まかな製造工程になります。

スポンサーリンク

アドセンス自動




はんぺんの作り方は、いたってシンプルで

魚のすり身に、ふんわりする原料(卵白・山芋)を加えてゆでるだけ

です。

 

すり身の原料は、

ちくわと同じ

で、

 スケトウダラ

 ホッケ

 アジ

などが使われますが、最近では

より原価の安い「淡水魚」

も使われるようになってきています(淡水魚の白身は固まりにくいので、本来すり身には不向き)。

 

ちなみに、

「ちくわ」と「はんぺん」の違い

は、

 ちくわ ⇒ すり身を串に巻き付けて ”焼く

 はんぺん ⇒ すり身に ”卵白・山芋” を加えて ”ゆでる

ことだけで、

原料のすり身は一緒

です。

※ 関連記事

『ちくわの原料・作り方は?(製造工程)/栄養・カロリーは?』を2分で!

 

ここまでをまとめると、

 はんぺんの原料は? ⇒ すり身・卵白・山芋・調味料

 作り方(製造工程)は? ⇒ 原料を空気を含ませながら混ぜ、ゆでた後冷やす

となります。

 

以上、『はんぺんの原料・作り方は?/製造工程』について簡単にまとめました。

続いて、はんぺんの「効果」と「カロリー」をみていきましょう!

スポンサーリンク

アドセンス自動




はんぺんの栄養・カロリーは?

 

ここからは『はんぺんの栄養・カロリーは?』です。

 

まず、はんぺんのカロリーは

100g あたり「80 ~ 100kcal」

カロリーの低い食品

だといえます。

 

はんぺんの栄養素をみても、魚肉由来の

タンパク質

ミネラル(カルシウム・カリウム・鉄)

ビタミンB2、E

が豊富に含まれているため、

非常に健康にいい食品

であり、

 美容

 血管系疾患の予防

などの効果が期待できます。

 

お鍋をする時には、ぜひ

はんぺん

ちくわ

を加え、

効率的な栄養摂取

を心掛けるようにしましょう!

 

以上、『はんぺんの栄養・カロリーは?』でした。

これにて『はんぺんの原料・作り方は?(製造工程)/効果・カロリーは?』は終了です。

ご朗読ありがとうございました<(_ _)>

 

アドセンス自動




アドセンス自動




-科学の雑学Q&A

Copyright© 科学情報誌(HOME) , 2018 AllRights Reserved.