『ちくわの原料・作り方は?(製造工程)/栄養・カロリーは?』を2分で!

更新日:

 

今回は『ちくわ』として、

1、ちくわの【原料】【作り方】は?/製造工程

2、【栄養】は?

3、【カロリー】は?

の3つを中心に、”わかりやすく・簡単に” まとめていきます。

スポンサーリンク

アドセンス自動




『ちくわの原料・作り方は?(製造工程)/栄養・カロリーは?』を2分で!

 

ちくわの原料・作り方は?/製造工程

 

まずは『ちくわの原料・作り方は?/製造工程』から。

 

ちくわの原料は

1、魚のすり身(魚肉を練ったもの)

2、砂糖、塩などの調味料(商品によっては卵白・デンプンも)

の2つがメインで、作り方は

(すり身の製造)

魚の頭・内臓などを除去したものを水に浸けて、脂肪や血液など不純なものを溶かす

⇒ 脱水し、リファイナー(叩き潰す機械)で骨・皮を取り除く

⇒ サイレントカッターで魚肉を細かくすり潰す

(ちくわの製造)

⇒ すり身を20~30分混ぜ続ける

⇒ ステンレス製の串にすり身をくっつけて焼く

⇒ ちくわを冷やしたのち、包装する

というのが大まかな製造工程になります。

スポンサーリンク

アドセンス自動




ちくわの作り方は、いたってシンプルで

魚肉をすりつぶして、串に巻きつけて焼くだけ

で出来上がります。

 

すり身に使われる魚は基本的になんでもOK

ですが、

 スケトウダラ

 ホッケ

 アジ

など、ある程度

旨味成分(アミノ酸、イノシン酸など)を含む魚

の方が

おいしい「ちくわ」になりやすい

傾向にあります。

 

まぁそうはいっても、

白身魚は価格が高騰している

ため、最近では

すり身に不向きな淡水魚の白身魚も使用される

ことが多くなっています。

 

淡水魚は

固まりにくいうえ、味わいもない

ため、昔は使用されていませんでしたが、

ちくわの味はデンプンと調味料でごまかせる

こともあり、

100円ほどの安価な「ちくわ」は調味料が多くなっていることが多い

ので注意してください。

 

以上、『ちくわの原料・作り方は?/製造工程』について簡単にまとめました。

続いて、ちくわの「効果」と「カロリー」をみていきましょう!

スポンサーリンク

アドセンス自動




ちくわの栄養・カロリーは?

 

ここからは『ちくわの栄養・カロリーは?』です。

 

まず、ちくわのカロリーは

100gあたり「110 ~ 130kcal」(1本30gほど)

ちくわ1本(30g)で「33 ~ 39kcal」

カロリーの低い食品

です。

 

また、栄養素をみると

タンパク質 ⇒ 12g(牛肩ロース73g分)

鉄分 ⇒ 1mg(牛レバー25g)

マグネシウム ⇒ 15mg(かき1個分)

ビタミンE ⇒ 0.4mg(トマト1/2個分)

ビタミンB2 ⇒ 0.08mg(ししゃも2尾分)

で、

さまざまな栄養素が総合的に高い食品

だといえます。

 

とくに

ミネラル類が豊富

なので、

 美肌

 血管系疾患(動脈硬化など)の予防

に期待できます。

 

 ただし、

安い「ちくわ」だと、食塩が100gあたり(ちくわ3本で)「2g」も含まれている

点には注意が必要です。

 

1日の食塩摂取目安は

9~11g

なので、ちくわだけで2gだと

その日は塩分の摂りすぎになる可能性

が高くなります(ちなみに、ラーメン二郎は1杯12gほど)。

 

ちくわは

ダイエット目的として有用

ではありますが、

似たような栄養素をもつ「大豆製品(納豆・豆腐など)」の方がダイエットには優秀

なので、

塩分が気になる人は納豆ダイエット

の方がおススメです(朝食を【納豆ご飯&お味噌汁】にするだけ)。

 

納豆に関しては以前に記事を書いているので、気になる方はチェックしてみてください。

『納豆の原料・作り方は?(製造工程)/栄養・効果・カロリーは?』を2分で!

 

 

以上、『ちくわの栄養・カロリーは?』でした。

これにて『ちくわの原料・作り方は?(製造工程)/効果・カロリーは?』は終了です。

ご朗読ありがとうございました<(_ _)>

 

アドセンス自動




アドセンス自動




-科学の雑学Q&A

Copyright© 科学情報誌(HOME) , 2018 AllRights Reserved.