"/>

科学の雑学Q&A

血圧とは?/高い・低いってなに?/正常値は?|疑問を【3分】で!

投稿日:

 

今回は『血圧の疑問』として、読者の方から寄せられた

1、血圧とは?

2、高い・低いってどういうこと?

3、正常値・平均は?

の3つを中心に、”わかりやすく・簡単に” まとめていきます。

スポンサーリンク

ad

血圧とは?/高い・低いってなに?/正常値は?

 

血圧とは?/高い・低いって?

 

まずは「血圧とは?/高い・低いって?」から。

 

血圧とは、

”血” 液がどれだけ押されているかの ”圧” 力

のことで、

 血がいっぱい流れる ⇒ 圧力が高い ⇒ 高血圧(こうけつあつ)

 血が少ない ⇒ 圧力が低い ⇒ 低血圧(ていけつあつ)

になります。

 

血圧の単位は

mmHg(ミリメートルヘイチジー)

で表されますが、これは

水銀(Hg)を何mm上に上げられるか

という意味で、例えば

10mmHg ⇒ 水銀を10mm(=1cm)押し上げる圧力 ≒ 水を13cm押し上げる圧力(水銀は水の約13.5倍重い)

という感じです。

 

高血圧が続く(血管が押され続ける)と、

 血管が傷つく頻度が増える

⇒ 傷を直そうと白血球が集まる

⇒ 血管が狭くなる

⇒ 血流が止まる or 圧力に耐えられなくて破裂する

ようになり、

動脈硬化・大動脈解離(だいどうみゃくかいり)・心不全・心筋梗塞・腎臓病・脳卒中

といったリスクが高くなります。

 

逆に、低血圧が続く(血液が十分に全身に行き届かない)

立ちくらみ・冷え性

といった症状につながります。

 

血圧は

意識的測定しないと、気がついたときにはもう手遅れ

になっている場合が多い(自覚症状が少ない)ため、とくに生活習慣が悪いと感じる方は

定期的(できれば毎日)に測定することを強くおススメ

します。

 

血圧計は3,000~4,000円のもので十分なので、持っていない方は必ず1つは買っておくべきです。

 

以上、「血圧とは?/高い・低いって?」についてまとめました。

スポンサーリンク

ad

血圧の正常値・平均は?

 

ここからは「血圧の正常値・平均は?」です。

 

血圧の正常値は

最高血圧 ⇒ 139以下

最低血圧 ⇒ 89以下

です。

 

血圧に「上」と「下」があるのは

心臓が血を送るときに血管が収縮するから

で、

最高血圧 ⇒ 血管が収縮したときの血圧(血管が細くなるので圧力が高い)

最低血圧 ⇒ 血管が拡張したときの血圧(血管が太くなるので圧力が高い)

を示しますが、

血圧計で測定すれば勝手に計算される

ので深く考える必要はありません。

 

血圧を測るうえで大切なポイントは以下の3つ!

血圧測定時の3ポイント

1、毎日同じ時間に計る

⇒ 時間帯によって血圧は大きく変動するため

2、食後・運動後・喫煙後から1時間以上経過してから測定

⇒ 外的要因によって血圧は変動するため

3、リラックスした状態で、快適な温度(寒すぎない・暑すぎない)で測定

⇒ 精神状態・代謝によって血圧は変動するため

 

とくに意識してほしいのは

1、毎日同じ時間に計る

です。

 

規則的に生活している人であれば、同じ時間にさえ血圧を測定すれば

少なく誤差で信頼性の高い正常な血圧を測れる可能性が高くなる

はずです。

 

以上、「血圧の正常値・平均は?」について簡単にまとめました。

これにて『血圧とは?/高い・低いってなに?/正常値は?』は終了です。

ご朗読ありがとうございました<(_ _)>

記事を気に入っていただけた方は、SNSなどでのシェア大歓迎です!

それでは、また次回ノシ

ad

ad

-科学の雑学Q&A
-生物, 雑学

Copyright© 科学情報誌(HOME) , 2018 AllRights Reserved.