『がんもどきの原料・作り方は?(製造工程)/栄養・カロリーは?』を2分で!

更新日:

 

今回は『がんもどき』として、

1、がんもどきの【原料】・【作り方】は?/製造工程

2、【栄養】は?

3、【カロリー】は?

の3つを中心に、”わかりやすく・簡単に” まとめていきます。

スポンサーリンク

アドセンス自動




『がんもどきの原料・作り方は?(製造工程)/栄養・カロリーは?』を2分で!

 

がんもどきの原料・作り方は?/製造工程

 

まずは『がんもどきの原料・作り方は?/製造工程』から。

 

がんもどきの原料は

1、豆腐

2、野菜(にんじん・たまねぎ・ごぼうなど)

の2つがメインで、作り方は

 豆腐に圧力をかけて水分を取り除く

⇒ 野菜を千切りし、豆腐と混ぜ合わせる 

⇒ 適度な大きさに成形し、油で揚げる

⇒ 冷やしたのち、包装

というのが大まかな製造工程になります。

スポンサーリンク

アドセンス自動




がんもどきの作り方は、非常に単純で

豆腐に野菜を混ぜて揚げるだけ

です。

 

豆腐自体も

すり潰した大豆から ”豆乳” を作る ⇒ 豆乳に ”にがり” を加えて混ぜ水気を取る

だけで出来上がるので、

がんもどきは

原料(大豆・にがり・野菜・油)さえあれば、1から自宅で作ることも可能

な食品です。

 

 ただ、

調理に時間がかかりやすい(2~3時間)

ため、作る際は覚悟が必要です。

 

ここまでをまとめると、

 がんもどきの原料は? ⇒ 豆腐・野菜

 作り方(製造工程)は? ⇒ 豆腐に野菜を加え、油で揚げる

となります。

 

以上、『がんもどきの原料・作り方は?/製造工程』について簡単にまとめました。

続いて、がんもどきの「効果」と「カロリー」をみていきましょう!

スポンサーリンク

アドセンス自動




がんもどきの栄養・カロリーは?

 

ここからは『がんもどきの栄養・カロリーは?』です。

 

まず、がんもどきのカロリーは

100gあたり「180 ~ 240kcal」

カロリーの高い食品

です。

 

がんもどき1個(100g)で、1日のエネルギーの1/10

を摂取することになるので、

食べすぎには注意が必要

です。

 

その一方で、がんもどきの栄養をみてみると、

 タンパク質

 食物繊維

 ミネラル

が豊富に含まれており、

健康に良い食品

であると言えます。

 

 ただし、

栄養のもとは「豆腐(大豆)」と「野菜」

なので、

栄養面を考えるなら原料をそのまま食べた方が効果的

です(油で揚げていないため)。

 

とくに

大豆を原料とする「納豆」の栄養価が非常に高い

ので、

ダイエット中の方には「納豆」の方がおススメ

です。

 

まとめると、

 がんもどきの栄養は? ⇒ タンパク質・食物繊維・ミネラル(豆腐・野菜由来)

 カロリーは? ⇒ 180 ~ 240kcal/100g

となります。

 

以上、『がんもどきの栄養・カロリーは?』でした。

これにて『がんもどきの原料・作り方は?(製造工程)/効果・カロリーは?』は終了です。

ご朗読ありがとうございました<(_ _)>

 

アドセンス自動




アドセンス自動




-科学の雑学Q&A

Copyright© 科学情報誌(HOME) , 2018 AllRights Reserved.