『シールはなぜくっつく?(仕組み)/簡単な剥がし方は?』を2分で!

更新日:

 

今回は『シール』として、

1、シールはなぜ【くっつく】?/【仕組み】

2、簡単な【剥がし方】は?

の2つを中心に、”わかりやすく・簡単に” まとめていきます。

スポンサーリンク

アドセンス自動




『シールはなぜくっつく?(仕組み)/簡単な剥がし方は?』を2分で!

 

シールはなぜくっつく?/仕組み

 

まずは『シールはなぜくっつく?/仕組み』から。

 

シールがくっつく仕組みは、ずばり

 シール ⇒ 接着剤(せっちゃくざい)

 シート ⇒ 剥離剤(はくりざい):シート=剥離紙

が塗ってあるからです。

 

シートの剥離剤は

接着剤とくっつきにくい

ため、

シートに乗っているシールは簡単にはがす

ことができますが、シールを張り付ける

板や壁には剥離剤がないため、一度シールを張るともう剥がせない

という仕組みです。

 

逆に言えば、

一度くっついてしまったシールでも、間に剥離剤を入れてやれば剥がすことができる

わけです。

 

以上、『シールはなぜくっつく?/仕組み』について簡単にまとめました。

続いて、「くっついたシールをどうやって剥がすのか」をみていきましょう!

スポンサーリンク

アドセンス自動




シールの簡単な剥がし方は?

 

ここからは『シールの簡単な剥がし方は?』です。

 

シールの剥がし方として、簡単なものは以下の3つです。

貼り付けたもの 成功率 簡単さ
1、ドライヤーで温める プラスティック 50~80% ★★★★★
2、シール剥がしを使う なんでもOK 90%以上 ★★★★☆
3、台所用の洗剤を付け密封 密封しやすいもの 30~60% ★★★☆☆

 

基本的に、

 ドライヤーで温めて剥がしてみる

⇒ 無理なら100均一でシール剥がしを買う

というのがおススメです。

 

ドライヤーは

プラスティックに貼り付けられたシールには効果的

ですが、

木の板にはほとんど効果がない

うえ、

古いシールは剥がしにくい

というデメリットもあるので注意してください。

 

「3、台所用の洗剤を付け密封する」は

缶など、密封しやすい容器についたシールをはがすのに有効

で、

シールに洗剤を塗ってラップで10分ほど密封

すればOKです。

 

 ただ

キレイに剥がれないことも多い(シールが部分的に残ってしまう)

ので、やはり

シール剥がし用の剥離剤を使った方が確実

です。

 

シール剥がしスプレーは

セロテープやガムテープのベタベタを除くのにも有効

なので、1個は買っておいて損はないと思います。

 

 

以上、『シールの簡単な剥がし方は?』でした。

これにて『シールはなぜくっつく?(仕組み)/作り方・剥がし方は?』は終了です。

ご朗読ありがとうございました<(_ _)>

 

アドセンス自動




アドセンス自動




-物理学・天文学, 科学の雑学Q&A

Copyright© 科学情報誌(HOME) , 2018 AllRights Reserved.