"/>

物理学・天文学・気象学 科学の雑学Q&A

地球の中はどうなっている?|疑問を2分で!

更新日:

 

今回は『地球の雑学』として、

地球の中はどうなっている?

という疑問に、”わかりやすく・簡単に” 答えていきます。

地球の中はどうなっている?

 

地球の中はどうなっている?

 

さっそく『地球の中はどうなっている?』の答えから!

 

「地球の中身」は次の通り!(用語説明は下に書いてあります)

地面からの距離 名前 成分
6~60km 地殻 塩基性岩層
~440km マントル(上部) 超塩基性岩層
~520km 変形スピネル相
~660km スピネル相
~2,700km マントル(下部) ペロブスカイト相
~2,900km ポストペロブスカイト相
~5,100km 外核 鉄合金(液体)
~6,400km 内核 鉄合金(固体)

スポンサーリンク

ad



用語の簡単まとめ!

 地殻(ちかく):地面のこと(海は×)。【地殻】より下は【マントル】という層で、岩石の種類が変わって量(密度)が一気に大きくなる!

塩基性岩層:花崗岩(かこうがん)・安山岩(あんざんがん)・玄武岩(げんぶがん)などの【二酸化ケイ素(SiO2)】をたくさん含む火山岩の層。地上でもいっぱい見られる!

 マントル:【地殻】と同じように岩石が主成分だけれど、【地殻の重さ&マントル自身の重さ】が積み重なって【密度】が段違いに大きくなっている!

超塩基性岩層:【かんらん岩】を中心とする二酸化ケイ素をそれほど含まない(~45%)火山岩の層。場所によっては【マグマ】になっているところも!

(変形)スピネル相:スピネルというMgAl2O4で組成されるルビーみないな鉱物。ここまでくると【密度が高く】てめっちゃ硬い(~24万気圧)!

(ポスト)ペロブスカイト相:ペロブスカイト構造という【原子が超コンパクトにまとめられた結晶】の層。ポストの高圧相では125万気圧にもなる!(海で一番深いのはマナリア海溝の10,911mで1,000気圧→1cm2に1,000kgの力が加わるくらい)

 外核:【鉄】を中心に【ニッケル】などの金属も加わった鉄合金で構成される層。温度が2,200~5,000℃にもなるのでドロドロに溶けて【液体】になっている!(~330万気圧ほど)

 内核:温度は~5,500℃にもなるが気圧が高すぎる(~364万気圧)ために今度は液体の状態になれず【固体(高剛性)】になっている部分。【地球の中心】が内核!

 

以上、『地球の中はどうなっている?』について簡単にまとめました。

お読みいただきありがとうございました<(_ _)>

 

『地球の中はどうなっている?』まとめ

 地球の中身 ⇒ 地殻・マントル上部・マントル下部・外核・内核の層に分けられ、地球の中心に近づくにつれ気圧・温度が高くなる。地球の中心は364万気圧・5,500℃ほど。

ad



ad



-物理学・天文学・気象学, 科学の雑学Q&A
-天文学・気象学, 雑学

Copyright© 科学情報誌(HOME) , 2019 AllRights Reserved.