"/>

物理学・天文学・気象学 科学の雑学Q&A

【光の3原色】【色の3原色】とは?|疑問を2分で!

更新日:

 

今回は『見え方の雑学』として、

光の3原色・色の3原色とは?

という疑問に、”わかりやすく・簡単に” 答えていきます。

光の3原色・色の3原色とは?

 

光の3原色・色の3原色とは?

 

さっそく『光の3原色・色の3原色とは?』の答えから!

 

光の3原色・色の3原色」とは、ずばり

 光の3原色 ⇒ 【赤】【緑】【青】(すべて混ぜると【白】)

 色の3原色 ⇒ 【シアン(青緑)】【マゼンタ(赤紫)】【イエロー(黄色)】(すべて混ぜると【黒】)

です。

スポンサーリンク

ad



光の3原色」というのは

【赤】【緑】【青】の3つがあれば【どんな光(目に見える可視光線)】でも再現できるぞ!

という意味で、

【赤】+【緑】→【イエロー(黄色)】

【赤】+【青】→【マゼンタ(赤紫)】

【緑】+【青】→【シアン(青緑)】

といった感じで、

【赤】【緑】【青】は作ることができないけれど【それ以外の光】は作り出せる

から「原色」と呼んでいます。

 

ここまで話すと

 どうして【赤】【緑】【青】は作れないの?

 どうしてどんな光でも作れるの?

と質問されますが、その答えはシンプル

ヒトの目が【赤】【緑】【青】の光(≒【色】)しか感じることができないから

です。

 

ヒトは

【網膜】にある【視神経(ししんけい)】という細胞によって【光】を感じて

いますが、「光の色を感じる」のは

たった3種類しかない【錐体細胞(すいたいさいぼう)】

① シアノラーベ(S-フォトプシン):短い波長【青】を感じる

② クロロラーベ(M-フォトプシン):中くらいの波長【緑】を感じる

③ エリスロラーベ(L-フォトプシン):長い波長【赤】を感じる

なので、当然

感じることのできる【3種類の光】から【すべての光】を再現できる

わけです。

 

ここまで、光と色を使い分けてきたので

【光】と【色】って違うの?

という質問にも回答しておきます。

 

専門的な話をすると実は小難しい内容になってしまうので、ざっくりいえば

 光 ⇒ 【赤】【緑】【青】の色をすべて含んだ【色の集合体】

 色 ⇒ ある光は吸収されて、ある光が反射して目に映った【光の一部】

です。

 

例えば、

【赤色のペンキ】は【青~緑の光を吸収】するから残った【赤】が目立つ

わけで、

【青色のペンキ】は【緑~赤の光を吸収】するから残った【青】が目立つ

わけです。

 

勘違いしがちですが、

【赤色の光】が反射するから【赤く見えている】わけではない

ので十分に注意してください(たくさん反射した光のうち一番目立つ色を認識)。

 

わかりやすい例を挙げると

空の色が青く見えるのは【青い光】がたくさん反射してたくさん目に映るから

にすぎません(レイリー散乱といって短波長の光ほど強く散乱するから青く見えるだけで、実際には【赤】【緑】の光も目に届いている;空が【紫】に見えないのは【青】より短い波長の識別能力が低いため)。

 

…また長く書きすぎてしまいました、ここ最近は2分で読めるくらいの文字数におさめられていたのですが。。。<(_ _)>

以上、『光の3原色・色の3原色とは?』について簡単にまとめました。

お読みいただきありがとうございました<(_ _)>

 

『光の3原色・色の3原色とは?』まとめ

 光の3原色 ⇒ 【赤】【緑】【青】(すべて混ぜると【白】)

 色の3原色 ⇒ 【シアン】【マゼンタ】【イエロー】(すべて混ぜると【黒】)

ad



ad



-物理学・天文学・気象学, 科学の雑学Q&A
-物理, 雑学

Copyright© 科学情報誌(HOME) , 2019 AllRights Reserved.