"/>

生物学 科学の雑学Q&A

魚の年齢を調べる3つの方法|疑問を2分で!

更新日:

 

今回は『魚の雑学』として、

魚の年齢を調べる3つの方法

について、わかりやすく・簡単にまとめていきます。

スポンサーリンク

ad



魚の年齢を調べる方法は?

 

魚の年齢を調べる方法は?

 

魚の年齢を調べる方法で代表的なのは、ずばり

1、耳石

2、鱗

3、GPS

の3つです。

スポンサーリンク

ad



1、耳石

 

【魚の年齢を調べる方法】の1つめは「耳石」です。

 

耳石は

「魚の背骨」や「内耳」にある炭酸カルシウムの結晶

で、

平衡感覚と聴覚をつかさどる存在

です。

 

耳石は「木の年輪」と同じように

一定期間ごとに輪っかができる

ため、

輪の数を数えることである程度の年齢を予測

することが可能になっています(1日1輪ずつふえるものを「日輪(にちりん)」と呼ぶ)。

 

しかし、耳石は

魚の体調によって変動しやすい

うえに、

魚の種類・生息環境によっても大きく変化する

ため、

あくまで年齢を予測する際の目安

とされます。

スポンサーリンク

ad



2、鱗

 

【魚の年齢を調べる方法】の1つめは「鱗」で、簡易的な年齢査定方法としては最も一般的です。

 

魚は

【体の成長】と【鱗の成長】が比例

するため、

夏はよく成長し、冬はあまり成長しない

ことから、

 夏 ⇒ うろこがよく成長 ⇒ 薄く広くなる

 冬 ⇒ うろこの成長が遅い ⇒ 濃く短くなる

となり、こちらも「年輪」同様に

1年で1つ輪っかができる

わけです。

 

ただし、鱗で年齢査定ができるのは

1年を通して気温差がはっきりしている地域に生息

し、かつ

気温などによって成長度合いが大きく変わる種

に限られます。

 

また、

5歳を超えると鱗が大きくなりすぎ、年輪を測定しづらくなる

ため、長期間活用することはできません

 

3、GPS

 

最後は、一番確実な年齢査定方法である一方、最も時間とお金が必要な【GPSの利用】です。

 

GPS方法では、

ある程度成長した魚にGPSを取り付け放流 ⇒ 一定間隔で回収

を繰り返す方法で、

魚の生態も合わせて調査できる

というメリットがあります(というかメインは生態調査)。

 

GPSは成功すれば精度が高い実データが得られますが、実際には

 GPS装着による成長の阻害・行動の制限が懸念される

 コストがかかりすぎ調査が限定的

 そもそも大型魚でないとGPSが取り付けられない

といったデメリットが大きく、一部の商業魚に研究は限られています

 

以上、『魚の年齢を調べる3つの方法』について簡単にまとめました。

ご覧いただきありがとうございました。

 

『魚の年齢を調べる3つの方法』まとめ

1、耳石 ⇒ 輪の数から年齢を予測;魚の体調などで変動しやすい

2、鱗 ⇒ 輪の数から年齢を予測;年を取ると観測しづらくなる

3、GPS ⇒ 実データをもとにサンプリング;コストがかかり利用は限定的

ad



ad



-生物学, 科学の雑学Q&A
-生物, 雑学

Copyright© 科学情報誌(HOME) , 2019 AllRights Reserved.