"/>

科学の雑学Q&A 物理学・天文学・気象学

台風の目はなぜできる?|疑問を2分で!

投稿日:

 

今回は『台風の雑学』として、

台風の目はなぜできるの?

という疑問に、”わかりやすく・簡単に” 答えていきます。

スポンサーリンク

ad



台風の目はなぜできる?

 

台風の目はなぜできる?

 

「台風の目ができる理由」は、ずばり

【気圧の力】と【風の力】が釣り合って雲の壁ができ、空気の逃げ道になっているから

です。

スポンサーリンク

ad



気象学的には、

【気圧傾度力(空気が気圧の高い方から低い方へと移動する力)】と【遠心力(回転するとき外側へと引っ張られる力)】が均衡している

という意味で、台風は

1、渦を巻きながら空気を上へと押し上げる(強い上昇気流が働く)

2、空気の勢いは中心付近ほど強くなる(お風呂の栓を抜いたときの水をイメージしてください)

3、台風の中心(台風の目)では風が強い分だけ遠心力も強くなり、空気がそれ以上中に入っていけない(積乱雲の壁ができる)

4、上に上昇した空気がゆっくりと台風の目に流れ込む(緩やかな下降気流)

5、台風の目では安定した環境になりやすい

といった流れです。

 

ただ、実際には

力のバランスがいつも取れているわけではない

ので、

台風の目でも【無風】【快晴】とは限らない

ことは覚えておいてください。

 

以上、『台風の目はなぜできる?』について簡単にまとめました。

ご覧いただきありがとうございました。

 

『台風の目はなぜできる?』まとめ

以下の条件が複合することで、台風の目は安定した気候になる。

1、気圧傾度力と遠心力が釣り合うから

2、遠心力が強くて中心には風が入っていけないから

3、台風の目に積乱雲の壁(アイウォール)ができるから

4、台風の目に緩やかな下降気流が生じるから

ad



ad



-科学の雑学Q&A, 物理学・天文学・気象学
-雑学

Copyright© 科学情報誌(HOME) , 2019 AllRights Reserved.