"/>

科学の雑学Q&A 生物学

蚊に刺されても痛くないのはなぜ?針が6本?|疑問を2分で!

投稿日:

 

今回は『昆虫の雑学』として、

1、蚊に刺されても痛くないのはなぜ?

2、針が6本ある?

という疑問に、”わかりやすく・簡単に” 答えていきます。

蚊に刺されても痛くないのはなぜ?針が6本?

 

蚊に刺されても痛くないのはなぜ?針が6本?

 

さっそく『蚊に刺されても痛くないのはなぜ?』の答えから!

 

蚊に刺されても痛くない理由」は、ずばり

 ① 皮膚に刺す【針】が【痛点】に感知されないほど【小さい】から

 ② 最初に【2本の小さな針】を使って皮膚を【切り裂く】から

 ③ 血を吸うための【太い針】と一緒に【麻酔作用】のある【唾液】を注入しているから

の3つです。

スポンサーリンク

ad



まず、「蚊の針」は

【1本】のように見えて実は【6本】(パーツは7つ)

もあって、

大きさは【0.017~0.05mm】ほど

で、とくに最初に

皮膚を切り裂くための刺す針(小顎:こあご)は【0.1mm以下】で最も小さい

ため、

人の痛点では感知できないサイズ

になっています(皮膚上であれば痛点は100~200個/cm3ほどしかない)。

 

さらに、

針をノコギリのように使って【振動】で皮膚の中に潜り込ませていく

ため、

接地面はごくわずかで衝撃も少ない

ので、まず痛みを感じることがないわけです。

 

あとは、

【血を吸うための針(上唇:じょうしん)】と一緒に【唾液を注入する針(下咽頭:かいんとう)】

を差し込み、吸血前に唾液の成分によって

【血液が固まるのを防ぐ(血液凝固抑制剤)】&【強い刺激に対しても痛みを感じなくさせる(麻酔作用)】

のが大まかな仕組みです(詳しくは『蚊に刺されるとなぜかゆい?』を参照)。

 

ちなみに、「蚊の痛みを感じさせない針」を参考に

まったく痛くない注射針(ナノパス)

も開発されていて、コスト面から一般注射には普及していませんが

【針を頻繁に打つ疾患(糖尿病患者)】や【子供向け】に活用

されています。

 

以上、『蚊に刺されても痛くないのはなぜ?』について簡単にまとめました。

お読みいただきありがとうございました<(_ _)>

『蚊に刺されても痛くないのはなぜ?針が6本?』まとめ

 蚊に刺されても痛くない理由 ⇒ 小さい2本の針を器用に使って皮膚を切り裂き、吸血前に麻酔作用のある唾液も注入しているから(針は計6本)

ad



ad



-科学の雑学Q&A, 生物学
-雑学, 生物

Copyright© 科学情報誌(HOME) , 2019 AllRights Reserved.