"/>

科学の雑学Q&A

宇宙ゴミの数は?回収している?|疑問を2分で!

更新日:

 

今回は『宇宙ゴミの雑学』として、

1、宇宙ゴミ(スペースデブリ)の数は?

2、回収しているの?

3、回収方法は?

という2つの疑問に、”わかりやすく・簡単に” 答えていきます。

宇宙ゴミの数は?回収している?

 

宇宙ゴミの数は?回収している?

 

さっそく『宇宙ゴミの数は?回収している?』の答えから!

 

宇宙ゴミの数」は、ずばり

 10cm以上のものが2万5千個以上

で、10cm以下の小さい宇宙ゴミを含める

数えきれないほどある(2019年時点でも数千万個はあると考えられ、今なお増え続けている)

と考えられ、「宇宙ゴミを回収しているかどうか」については

 回収していない!

です。

スポンサーリンク

ad



宇宙ゴミ(デブリ)はめったにニュースにはなりませんが、

 今後宇宙開発をするにあたって大きな弊害

になることが問題視されていて、

宇宙では空気抵抗によって速度が減速することがない

ため、例えば

国際宇宙ステーションのある地上400km付近

では

1秒間に7~8kmもの速さで移動

しており、

直径10cmのデブリでも宇宙船を大破させるのに十分な威力

を持っています(運動エネルギーは1/2mv2なので質量と速さの2乗に比例)。

 

現在では、役目の終わった人工衛星などは

残りの燃料を使って地球から離れるように移動

することで

宇宙ステーションやGPS衛星のある軌道からずらす

ようにしています(墓場軌道は3万6千km付近で直接衝突による被害は軽減される)。

 

ただ、それでも

 現役の衛星の公転軌道上にゴミが残る場合

がありますが、一応は

10cm以上の大きなデブリはNASAがすべて監視

し、

小さなデブリは宇宙船側が補強することで対策

することで

大きな事故が発生することはマレ

になっています。

 

宇宙ゴミを回収する方法」として、まだ実験は成功していませんが

高強度レーザーでデブリを溶かして消す方法

が有力視されており、また昨年(2018年)には

網を使ったデブリの捕獲に成功

しています。

 

宇宙デブリは、今後

さまざまな天体を調査するための【探査機】の進路を妨害しかねない

ため、

中長期的にデブリを排除していく必要性

は高まっています。

 

以上、『宇宙ゴミの数は?回収している?』について簡単にまとめました。

お読みいただきありがとうございました<(_ _)>

 

『宇宙ゴミの数は?回収している?』まとめ

 宇宙ゴミの数は? ⇒  10cm以上のものが2万5千個以上(小さいデブリは数千万個以上)

 回収は? ⇒ していない!

ad



ad



-科学の雑学Q&A
-天文学・気象学, 雑学

Copyright© 科学情報誌(HOME) , 2019 AllRights Reserved.