"/>

科学の雑学Q&A 物理学・天文学・気象学

プレートテクトニクスとは?|簡単に・わかりやすく2分で解説!

投稿日:

 

今回は『地球の雑学』として、

プレートテクトニクスとは?

という疑問に、”わかりやすく・簡単に” 答えていきます。

プレートテクトニクスとは?

 

プレートテクトニクスとは?

 

さっそく『プレートテクトニクスとは?』の答えから!

 

プレートテクトニクス」とは、ずばり

 地球は【大きな地面(”プレート” という岩石の層)】が【十数枚】にも分かれて存在しているという考え方

のことで、プレートが動くことによって

 地震の発生

 火山の誕生

 大陸の移動

 地殻変動

がもたらされるという説です。

スポンサーリンク

ad



「プレートテクトニクス」で大切な点

 地球の表層が【1枚】の地殻で構成されているのではない(何十枚ものプレートの共存)

 プレートが動いていると考えれば、多くの物理現象がうまく説明できる

という2つです。

 

例えば、「地震が発生する理由」をプレートテクトニクスの視点から考えると

 プレートは動いているので、プレート同士がぶつかるところでは沈み込みが発生

⇒ プレートがズレるとき、摩擦による振動が発生(← 小さな地震)

⇒ プレートの歪みが大きくなりすぎたとき、戻る反動による衝撃が発生(← 大きな地震)

という感じになります。

 

もちろんすべての考え方が「本当に正しいかどうか」は

2019年時点でも確信がもてないまま(プレートの存在&移動は確かだが、それが直接地震・火山など多岐にわたる主原因かは証拠不足)

ですが、

広く支持されている考え方

であり、「日本で地震が多い理由」としても

4つのプレート(北米プレート・ユーラシアプレート・太平洋プレート・フィリピン海プレート)の境界が日本付近にありプレート同士の摩擦&歪みがあるから

と考えれば物理的に納得できます。

 

ちょっとややこしくさせてしまったかもしれませんが、一般常識として

地球はたくさんのプレートから成り立っていて、プレートが動くのが原因で地震・火山などが生じる!

という考え方が

プレートテクトニクス

だと覚えればOKです。

 

以上、『プレートテクトニクスとは?』について簡単にまとめました。

お読みいただきありがとうございました<(_ _)>

 

『プレートテクトニクスとは?』まとめ

 プレートテクトニクスとは? ⇒ 地球を構成する十数枚のプレートが移動すると考えれば大陸移動・地殻変動・地震・火山など多岐にわたる物理現象を説明できるとする理論

ad



ad



-科学の雑学Q&A, 物理学・天文学・気象学
-雑学, 物理

Copyright© 科学情報誌(HOME) , 2019 AllRights Reserved.