"/>

科学の雑学Q&A

シュガーレス・カロリーゼロなのに甘いのはなぜ?|疑問を2分で!

更新日:

 

今回は『味覚の雑学』として、

シュガーレス・カロリーゼロなのに甘いのはなぜ?

という疑問に、”わかりやすく・簡単に” 答えていきます。

シュガーレス・カロリーゼロなのに甘いのはなぜ?

 

シュガーレス・カロリーゼロなのに甘いのはなぜ?

 

さっそく『シュガーレス・カロリーゼロなのに甘いのはなぜ?』の答えから!

 

シュガーレスなのに甘い理由」は、ずばり

 砂糖よりも甘い【甘味料(かんみりょう)】を使っているから

で、「カロリーゼロな理由」は

 脂質・タンパク質・炭水化物というエネルギーのもと(カロリー源)になる栄養をほとんど含まない人工的に作った【合成甘味料】を使用

しているからです。

スポンサーリンク

ad



【甘いもの】と聞くと【砂糖】をイメージ

すると思いますが、自然界には砂糖以外にも

 グルコース(でんぷん・ブドウ糖)

 キシリトール

など

植物由来の【甘味料】が多く存在

していて、甘味料をもとに作られた

 スクラロース

 サッカリン

といった

砂糖を全く含まない【人工甘味料】

も作られています。

 

ただ

 人工甘味料でも本当にゼロカロリーなわけではない

ということは覚えておいてほしくて、あくまで

100gあたりで5kcal 以下ならゼロカロリー表示していいよという決まり(健康増進法)

によって、

"表記上" はゼロカロリー

になっているだけなので注意してください。

 

以上、『シュガーレス・カロリーゼロなのに甘いのはなぜ?』について簡単にまとめました。

お読みいただきありがとうございました<(_ _)>

 

『シュガーレス・カロリーゼロなのに甘いのはなぜ?』まとめ

 シュガーレス・カロリーゼロなのに甘い理由 ⇒ 砂糖より甘い人工甘味料を使用しているから(表記上はゼロカロリー)

ad



ad



-科学の雑学Q&A
-雑学

Copyright© 科学情報誌(HOME) , 2019 AllRights Reserved.