"/>

物理学・天文学・気象学 科学の雑学Q&A

低気圧で天気が悪い・高気圧で天気がいいのはなぜ?|理由を2分で!

投稿日:

 

今回は『天気の雑学』として、

1、低気圧で天気が悪いのはなぜ?

2、高気圧で天気がいいのはなぜ?

という2つの疑問に、”わかりやすく・簡単に” 答えていきます。

スポンサーリンク

ad



低気圧で天気が悪い・高気圧で天気がいいのはなぜ?|理由

 

低気圧で天気が悪い・高気圧で天気がいいのはなぜ?|理由

 

まずは『低気圧で天気が悪いのはなぜ?』の答えから!

 

低気圧で天気が悪い理由」は、ずばり

上昇気流】のために【雲が発生しやすい】から

です。

スポンサーリンク

ad



低気圧の中心では

地上の空気が上に移動する大気の流れ(=上昇気流)になりやすい

ため、

【地上の暖かい空気】が【上空の冷たい空気】に移動

⇒ 空気がもっていた【水蒸気】が【水滴】に変わる

※ 空気が含むことのできる水蒸気の量(=【飽和水蒸気量】)は温度が低いほど小さくなる(露点に到達しやすくなる)

⇒ 【】として視認できるようになる

⇒ 天気が悪くなりやすい(雨が降りやすい)

という傾向にあります。

 

ざっくりと言えば、

【低気圧】では【上昇気流】のせいで【地上の水分】が【上に行く】から【雨が降りやすい】

というイメージで大丈夫です。

 

では一方、

 高気圧で天気が良くなるのはなぜ

でしょう?

 

高気圧では、

低気圧とは逆で【下降気流】が発生しやすい

ため、

 上空にあった【雲(水滴)】が地上へ移動

⇒ 地上の方が暖かいので【水滴】は水蒸気に変わる

⇒ 目には見えず、天気も良好

という流れで、

高気圧では【雲が残りにくい】ため天気は良くなる

のです。

 

ちなみに、

 低気圧だといつも上昇気流、高気圧だといつも下降気流というわけではない(気圧の中心でそうなりやすいだけ)

ことと、

 湿度・風・気圧配置によって【低気圧でも快晴】【高気圧でも雨雲が発生】することはある

ことは覚えておいてください(あくまで ”相対的” に気圧が低い・高いと表現しているだけです)。

 

以上、『低気圧で天気が悪い・高気圧で天気がいいのはなぜ?|理由』について簡単にまとめました。

お読みいただきありがとうございました<(_ _)>

 

『低気圧で天気が悪い・高気圧で天気がいいのはなぜ?|理由』まとめ

 低気圧で天気が悪い理由 ⇒ 低気圧では上昇気流の影響で雲ができやすいから(地上の水分が上空に移動し水滴になりやすいから)

 高気圧で天気がいい理由 ⇒ 高気圧では下降気流の影響で雲が残りにくいから(上空の水分が地上に移動し水蒸気になりやすいから;露点を下回る)

ad



ad



-物理学・天文学・気象学, 科学の雑学Q&A
-天文学・気象学, 雑学

Copyright© 科学情報誌(HOME) , 2019 AllRights Reserved.