"/>

科学の雑学Q&A

バナナの黒い斑点はなに・なぜ?|疑問を2分で!

投稿日:

 

今回は『バナナの雑学』として、

1、バナナの黒い斑点模様はなに?

2、なぜできる?

の2つを中心に、”わかりやすく・簡単に” まとめていきます。

スポンサーリンク

ad



バナナの黒い斑点はなに・なぜ?|名前

 

バナナの黒い斑点はなに・なぜできる?|名前

 

さっそく【バナナの黒い斑点はなに・なぜできる?(名前)】の答えから!

 

「バナナの黒い斑点」は、

名前を【シュガースポット】

といって、黒い部分は

タンニン(を中心とするポリフェノール類)の酸化物(:タンニンが酸素と反応したもの)

です。

スポンサーリンク

ad



お店で並んでいる

「黄色いバナナ」は追熟されたもの(甘くするために15℃前後で放置したバナナ)

なので、

少し刺激しただけでも細胞壁が壊れて

しまい、

壊れた細胞から酸化 ⇒ 皮に黒い模様ができる

わけです。

 

なお、少し意外かもしれませんが、

成長途中のバナナは【緑色】

で、しかも

(お店で陳列されているのとは)さかさまの状態で生育する

ため、初めてみる人は驚くかもしれませんね。

 

また、よく

「皮の黒い部分は腐っているんじゃないの…?」「食べても大丈夫なの…?」

と質問されることがありますが、

黒い部分が【斑点模様】なら安全で、しかも栄養価が高い

(ダイエット効果の期待できる【ヒスチジン】や心身の安定に寄与する【トリプトファン】を豊富に含む)

のですが、

黒い部分が【皮全体】に広がっている場合は腐っている可能性が高い

ため食べない方がいいでしょう。

 

腐っているバナナは見た目が非常に悪く、触るとはっきり ”グニャ” っとする気持ち悪さを感じるためすぐ判別できると思います。

 

以上、『バナナの黒い斑点はなに・なぜ?|名前』について簡単にまとめました。

ご覧いただきありがとうございました<(_ _)>

 

『バナナの黒い斑点はなに・なぜ?|名前』まとめ

 バナナの黒い斑点の名前 ⇒ シュガースポット

 なに? ⇒ タンニン(ポリフェノール類)の酸化物

 なぜできる? ⇒ 追熟された細胞壁が壊れることでできる(場合が多い)

ad



ad



-科学の雑学Q&A
-生物, 雑学

Copyright© 科学情報誌(HOME) , 2019 AllRights Reserved.