"/>

科学の雑学Q&A

『蛍光ペンはなぜ光る?/仕組み・原理』ー疑問を【2分】で!

投稿日:

 

今回は『蛍光ペンの雑学』として、読者の方から寄せられた

1、蛍光ペンはなぜ光るの?【仕組み・原理】

2、蛍(ホタル)の光と一緒?

という疑問に、”わかりやすく・丁寧に” 回答いたします。

スポンサーリンク

ad

蛍光ペンはなぜ光る?/仕組み・原理

 

蛍光ペンはなぜ光る?/仕組み・原理

 

蛍光ペンが光る【仕組み・原理】は、ずばり

蛍光物質が光って見えるから

です。

スポンサーリンク

ad

蛍光物質というのは、

光をいったん吸収してから、明るい光を放出する物質

のことで、少し化学的に蛍光過程を説明すると

1、電子が光を吸収

2、光エネルギーにより電子自体のエネルギーが高まる(励起:れいき)

3、電子はもとの状態(基底状態)に戻ろうとし、光を放出(← これが明るく見える【蛍光】)

といった流れです。

 

例えば、通常の「黄色ペン」は、

いろいろな色が混ざった光(波長)のうち、黄色の光(波長)だけを反射する ⇒ 黄色に見える

のですが、「”蛍光” 黄色ペン」

黄色の光(波長)に加えて、蛍光による「明るさ」も反射する

ため、

「”蛍光” 黄色ペン」だけは光って見える

わけです。

 

ちなみに、

「蛍光」は「蛍(ホタル)の光」

と書きますが、

蛍(ホタル)の発光現象とはまったく別物

なので注意してください(勘違いしている人が意外と多い!)。

 

蛍(ホタル)の光は

おしりの発行物質の酸化(酸素との反応)によるもの:ルシフェリン(発行もと) + ルシフェラーゼ(酵素:反応を促す) + 酸素 ⇒ 光

です。

 

ホタルに関しても、以前読者の方から質問をいただいて回答しているので、気になる方はチェックしておいてください。

『ホタルが光るのはなぜ?(理由と仕組み)/死んでも光る?』を【2分】で!

 

以上、『蛍光ペンはなぜ光る?/仕組み・原理』についてまとめました。

ちょっと余談になりますが、最近自転車でヘッドライトをつけずに走行している方を非常に多くみかけます。

運転していて本当に危険だと感じるので、自転車によく乗られる読者の方はヘッドライトはもちろんのこと、「蛍光反射テープ」を貼付することをおススメします。

100均で買えるので、ぜひ利用し安全性を確保してください。

それでは、また次回ノシ

ad

ad

-科学の雑学Q&A
-化学, 科学, 雑学

Copyright© 科学情報誌(HOME) , 2018 AllRights Reserved.