"/>

物理学・天文学 科学の雑学Q&A

鉛筆の硬さ・濃さの意味(種類)は?/売上別のおススメは?|疑問を2分で!

更新日:

 

今回は『鉛筆の種類』として、

1、鉛筆の【硬さ・濃さ】の【意味(種類)】は?

2、【売上】と【おススメ】は?

の2つを中心に、”わかりやすく・簡単に” まとめていきます。

スポンサーリンク

ad

鉛筆の硬さ・濃さの意味(種類)は?/売上別のおススメは?

 

鉛筆の硬さ・濃さの意味(種類)は?

 

まずは『鉛筆の硬さ・濃さの意味(種類)は?』から。

 

鉛筆の「硬さ・濃さの種類」は

6B …2B B HB F H 2H …9H
硬さ 柔い ← ←  → → 硬い
濃さ 濃い ← ←  → → 薄い
太さ 太い ← ←  → → 細い

で、

B ⇒ ブラック(黒)

H ⇒ ハード(硬い)

を意味しています(Fはファーム(しっかりした)で、HBとHの中間)。

スポンサーリンク

ad

「どっちが濃くて、どっちが硬いんだけ…?」

と忘れてしまったら、

B(ブラック)が大きい方が黒い、H(ハード)が大きい方が硬い

と思い出してください。

 

ちなみに、

鉛筆の硬さ・濃さがどうやって決まっているか

は、ずばり

鉛筆の芯に混ぜる「粘土の割合」

です。

 

鉛筆の芯は

黒鉛(炭:鉛とは無関係)+粘土+水

を混ぜて作られますが、このとき

粘土の量が ”多い” ⇒ 硬くて薄い炭(H方面に)

粘土の量が ”少ない” ⇒ 柔らかくて濃い炭(B方面に)

となります。

 

以上、『鉛筆の硬さ・濃さの意味(種類)は?』についてまとめました。

続いて、「実際にどの硬さがおススメか」を売上別にみていきましょう!

スポンサーリンク

ad

鉛筆の売上とおススメは?

 

ここからは『鉛筆の売上とおススメは?』です。

 

鉛筆の売上は

1位 ⇒ 2B

2位 ⇒ B

3位 ⇒ HB

となっています。

 

”2B” や ”B” といった

濃い鉛筆が人気な理由

は、

学校の先生が濃い字の方が見やすいから

で、

学校側が ”2B” や ”B” の鉛筆を指定している

ため、売り上げも上位にきているわけです。

 

しかし、

鉛筆の種類は「用途」によって選ぶ方がおススメ

です。

 

具体的なおススメは、

 小学生低学年 ⇒ 2B(芯が折れにくく、濃く見やすい字が書けるため)

 小学生高学年 ⇒ B(芯の折れにくさと、字の書きやすさがちょうどいい&少し折れやすい鉛筆に慣れていくため)

 中学生 ⇒ HB(字が細く、答案用紙への記入や自習など勉強効率が上がるため)

 高校生 ⇒ H(センター試験を意識し、細い字で問題用紙により多く字が書き込める&短時間で文字を書きやすいため)

です。

 

基本的に、

小学生 ⇒ ”B以上” の濃さ

中学生 ⇒ "B以下" の濃さ

高校生 ⇒ ”H or HB” の濃さ

が効果的です。

 

とくに

センター試験を考えている高校生

は、

限られた問題用紙により多く文字を書き込める ”細い鉛筆(H方面)” を使う

よう意識した方がいいでしょう。

 

センター試験では

”HB、F、H の鉛筆” だけがマークシート記入に認められている

のですが、個人的には

 問題用紙に書き込む用 ⇒ シャープペン

 マークシート記入 ⇒ HB

がおススメですが、この辺は好みで判断してください。

 

鉛筆のメーカー

としては、

 三菱(UNI)

 トンボ

が有名ですが、

鉛筆の性能にほとんど差はない

ので、好きなメーカーを購入して問題ありません

 

以上、『鉛筆の売上とおススメは?』について簡単にまとめました。

これにて『鉛筆の硬さ・濃さの意味(種類)は?/売上別のおススメは?』は終了です。

ご朗読ありがとうございました<(_ _)>

 

ad

ad

-物理学・天文学, 科学の雑学Q&A
-物理, 雑学

Copyright© 科学情報誌(HOME) , 2018 AllRights Reserved.