『鉛筆でなぜ字が書ける?(仕組み・理由)/作り方・材料は?』を2分で!

更新日:

 

今回は『鉛筆(えんぴつ)の仕組み』として、

1、鉛筆で【なぜ字が書ける】?/【仕組み】【理由】

2、【作り方】【材料】は?

の2つを中心に、”わかりやすく・簡単に” まとめていきます。

スポンサーリンク

アドセンス自動




『鉛筆でなぜ字が書ける?(仕組み・理由)/作り方・材料は?』を2分で!

 

鉛筆でなぜ字が書ける?/仕組み・理由

 

まずは『鉛筆でなぜ字が書ける?/仕組み・理由』から。

 

鉛筆で字が書ける理由は、ずばり

黒い粉を紙にくっつけているから

です。

 

鉛筆の ”芯(しん)” は

黒鉛(こくえん)という炭

でできていて、

 黒鉛を紙にこすりつける

⇒ 紙の表面に墨が入り込む

⇒ 黒く見える

という仕組みです。

 

そのため、

字を書いた紙をこすれば、黒鉛が広がってにじむ

感じになりますし、

消しゴムで表面の紙を削ったり、黒煙を吸着させたりすれば字が消える

わけです。

 

消しゴムの仕組み」については以前の記事

『消しゴムでなぜ字を消せる?(仕組み)/作り方・材料は?』を2分で!

で詳しく説明しているので、参考にしてください。

 

ちなみに、

「えんぴつ」は漢字で「鉛筆(なまりの筆)」

と書きますが、

「鉛」ではなく「炭(=黒鉛;鉛とは無関係)」

を使っている点には注意してください。

 

昔、

鉛で字を書いていた(ラインを引いていた)

ことの名残(誤訳)で「鉛の筆」と名付けらただけで、

現在の鉛筆に鉛は使われていません。

 

ここまでをまとめると、

鉛筆でなぜ字が書ける? ⇒ 黒鉛で紙をこすることで、黒い粉が紙にくっつくから

となります。

 

以上、『鉛筆でなぜ字が書ける?/仕組み・理由』についてまとめました。

続いて、「鉛筆をどうやって作っているのか」を簡単にみていきましょう!

スポンサーリンク

アドセンス自動




鉛筆の作り方・材料は?

 

ここからは『鉛筆の作り方・材料は?』です。

 

鉛筆の材料は

1、黒鉛(黒い字のもと)

2、粘土(硬さ・濃さのもと)

3、木(芯を補強)

4、塗料(見栄えをよくするため)

の4つがメインで、作り方は

 ”黒鉛+粘土+水” を混ぜまくる

⇒ 芯の形にして乾燥 & 加熱

⇒ 芯を2枚の木の板で挟む & 切断

⇒ 塗装

というのが大まかな流れです。

 

製造過程はいたってシンプルで、

色の付きやすい炭を木で補強しているだけ

です。

 

黒鉛の原価も非常に安いので、

鉛筆は1本30~50円ほど

で購入できるわけですね。

 

ちなみに、

粘土の配合量によって「硬さ・濃さ」が大きく変わって

きて、市販されている鉛筆の

”HB” や ”2B” などの表記も粘土率に対応

しています。

 

この辺は次回でわかりやすくまとめておきます↓

『鉛筆の硬さ・濃さの意味(種類)は?/売上別のおススメは?』を2分で!

 

 

以上、『鉛筆の作り方・材料は?』でした。

これにて『鉛筆でなぜ字が書ける?(仕組み・理由)/作り方・材料は?』は終了です。

ご朗読ありがとうございました<(_ _)>

 

アドセンス自動




アドセンス自動




-物理学・天文学, 科学の雑学Q&A

Copyright© 科学情報誌(HOME) , 2018 AllRights Reserved.