『【ハゲタカ・ハゲワシ・コンドル】の頭はなぜハゲている?』ー疑問を3分で解消!

更新日:

 

”ハゲタカやコンドルの頭がハゲている理由” をご存じでしょうか?

 

今回は『鳥の雑学』として、

1、ハゲタカ・ハゲワシ・コンドルがハゲている理由

2、鳥によってハゲ方が違う?;ハゲ方を徹底比較!

の2つを中心に、”わかりやすく” 説明します。

スポンサーリンク

アドセンス自動




『【ハゲタカ・ハゲワシ・コンドル】の頭はなぜハゲている?』ー疑問を3分で解消!

 

ハゲタカ・ハゲワシ・コンドルの頭がハゲている理由

 

まずは「ハゲタカ・ハゲワシ・コンドルがハゲている理由」から。

 

ハゲタカやハゲワシ、コンドルなど、一部の鳥の頭に毛がハゲている(=毛がない)理由は単純で、

 病気にならないため

です。

 

 

ハゲワシやコンドルは、主なエサとして「動物の死骸(しがい)」を食べています。

 

 

ただ、人と違って ”手” を使って食べることはできないので、

すべての肉を食べるには、死骸に首を突っ込んで、中の肉を引っ張り出す必要があります

 

 

死骸に首を突っ込むと、どうしても頭に「血」や「肉」がくっついてしまいますよね?

 

実はこれが非常に不衛生&危険で、

 胃酸などの消化液・体液 ⇒ 頭の細胞を傷つける

 死骸の血肉       ⇒ 細菌が多く含まれていて、非常に繁殖しやすい

といった特徴があります。

 

 

そこで、ハゲタカやコンドルなどは、頭の毛をなくすことで、

1、羽毛の中で細菌が繁殖するのを防ぐ

2、頭を直接日光に当てることで殺菌している

のです。

 

 

ちなみに、消化液に関しては、

1、すでに動物が死んでいる

2、胃の中に首を突っ込むのは短時間

であるため、頭に羽毛があってもそれほど悪影響はないでしょう。

 

 

ただ「細菌」の場合だけはまったく次元が違って、

もし、ハゲタカやコンドルの頭に毛が生えたままだったら、

羽毛の中で細菌が大繁殖し、すぐに病気になるはずです

 

 

もう1つだけ雑学を加えておくと、

ハゲタカというは、種名でもグループ名でもなくて、ハゲワシ類やコンドル類のただの俗称です

 

ハゲワシやコンドルも種そのものの名前ではありませんが、

ハゲタカというと「どれのこと?」となるのでちょっと注意してください

 

ハゲワシ、コンドルという分には、”タカ科”、”コンドル科” まで分類されていて、

だいたい特徴が一致するので十分伝わると思います

 

 

 

以上、「ハゲタカ・ハゲワシ・コンドルの頭がハゲている理由」でした。

 

 

ところで、”ハゲている理由” がエサの食べ方にあるとしたら、

どんな動物を食べるかによって「ハゲ方」も変わってくると思いませんか?

 

 

続いては「鳥によってハゲ方が違う?」の説明です。

スポンサーリンク

アドセンス自動




鳥によってハゲ方が違う?;ハゲ方を徹底比較!

 

ここからは「鳥によってハゲ方が違う?;ハゲ方を徹底比較!」です。

 

 

もし本当に、衛生的な理由で ”頭がハゲている” のであれば、

 小さい動物の死骸だけ食べている ⇒ 首まで突っ込まなくても食べられる ⇒ 頭だけハゲ?

 大きい動物の死骸を食べている  ⇒ 首まで突っ込む必要がある ⇒ 首までハゲ?

となりそうな気がします。

 

実際に、”食べるエサが違えば、ハゲ方も違うのか” を調べてみましょう。

 

 

まずはコンドル最大級のカリフォルニアコンドル(体長1~1.4m)

大型動物の死骸ばかり食べています。

 

カリフォルニアコンドルは、首までハゲていますね。

 

 

続いて、コンドル最小級のキガシラコンドル(体長0.5~0.7m)

エサは小型~中型の死骸がメインです(大型捕食もアリ)。

 

キガシラコンドルは、首まではハゲていないようです。

 

 

 次は、ハゲワシ科で比べてみましょう。

 

 

ハゲワシ最大級はシロエリハゲワシ(2.3~2.8m)です。

エサは大型動物の死骸がほとんどですね。

 

しっかり首までハゲていますが、短めの羽毛もあります。

 

コンドル科は毛がない種が目立ちますが、ハゲワシ科の中には短い羽毛が生えている種もいます。

 

これは生存環境、捕食生物の点で、ハゲワシは完全に毛をなくす必要性が低いためです。

 

 

さて、最後はハゲワシ最小級エジプトハゲワシ(0.5~0.7m)です。

 

やっぱり小さい動物をメインに食べている種は、

中まで首を突っ込む必要がないので、ハゲ方も控えめな傾向にありそうですね。

 

ただ、あくまで結果からみた仮説なので、あまり参考にしすぎないようにお願いします…(笑)

 

 

 

以上、「鳥によってハゲ方が違う?;ハゲ方を徹底比較!」でした。

 

 

これにて『【ハゲタカ・コンドル】の頭はなぜハゲている?/疑問を3分で解消!』は終了です。

 

ご朗読ありがとうございました。

 

記事を気に入っていただけた方は、ブックマーク&シェアなどしていただけると大変ありがたいです。。。

 

 

『【ハゲタカ・コンドル】の頭はなぜハゲている?/疑問を3分で解消!』まとめ

 

ハゲタカ・ハゲワシ・コンドルがハゲている理由

・ ハゲの理由は、病気にならないため

・ ハゲワシなどの主食は「動物の死骸」

・ そのため、頭や首に血肉が付きやすい

・ 頭や首の毛をなくすことで、以下の効果がある

1、羽毛の中で細菌が繁殖するのを防ぐ効果

2、頭を直接日光に当てることによる殺菌効果

鳥によってハゲ方が違う?;ハゲ方を徹底比較!

・ 小さい動物の死骸だけ食べている種は、頭だけハゲている傾向

・ 大きい動物の死骸をメインで食べている種は、首までハゲている傾向

・ ただし、事実関係は正確には不明

 

アドセンス自動




アドセンス自動




-科学の雑学Q&A

Copyright© 科学情報誌(HOME) , 2018 AllRights Reserved.