"/>

科学の雑学Q&A 物理学・天文学・気象学

一番明るい星はなに?一等星は何個ある?|疑問を2分で!

投稿日:

 

今回は『星の雑学』として、

1、一番明るい星はなに?

2、一等星は何個ある?

という2つの疑問に、”わかりやすく・簡単に” 答えていきます。

一番明るい星はなに?一等星は何個ある?

 

一番明るい星はなに?一等星は何個ある?

 

さっそく『一番明るい星はなに?一等星は何個ある?』の答えから!

 

地球から見える「一番明るい星」は、ずばり

 シリウス

で、地球から見える「一等星の数」

 21個(うち日本で見られるものは15個

です。

スポンサーリンク

ad



シリウスが明るく見える理由」は

地球にとても近いから

で、その距離

8.6光年(光の速さでが8.6年分)と8番目に近い星

であり、とても明るいことから

冬の大三角形の1つ

になっています(残りはプロキオン&ベテルギウス;夏の大三角形はデネブ&アルタイル&ベガ)。

 

またあまり知られていませんが、

シリウスは【連星】

といって

2つの星がまとまったもの

です。

 

シリウスの2つの星は

【シリウスA】と【シリウスB】

と呼ばれますが、

 シリウスA ⇒ 太陽の2倍の重さ

 シリウスB ⇒ 太陽と同じくらいの重さ

と十分に重いため、2つの恒星が

互いの重力に強く引っ張られながら公転している

わけです。

 

なお追加知識として、

星座の数は全部で【88個】

で、

目で見える星の数は【3,500~4,000個】くらい

なので、一緒に覚えておきましょう!

 

以上、『一番明るい星はなに?一等星は何個ある?』について簡単にまとめました。

お読みいただきありがとうございました<(_ _)>

 

『一番明るい星はなに?一等星は何個ある?』まとめ

 一番明るい星はなに? ⇒ シリウスという連星|冬の大三角形の1つで地球から8番目に近い星

 一等星は何個ある? ⇒ 21個(日本でみられるのは15個ほど)

ad



ad



-科学の雑学Q&A, 物理学・天文学・気象学
-雑学, 天文学・気象学

Copyright© 科学情報誌(HOME) , 2019 AllRights Reserved.