"/>

科学の雑学Q&A 物理学・天文学・気象学

重さと質量の違いは?|疑問を2分で!

更新日:

 

今回は『重力の雑学』として、

1、【重さ】と【質量】の違いはなに?

2、同じ地球でも場所によって重力は変わる?

という疑問に、”わかりやすく・簡単に” 答えていきます。

スポンサーリンク

ad



重さと質量の違いは?

 

重さと質量の違いは?

 

さっそく『重さと質量の違いは?』の答えから!

 

重さと質量の違い」は、ずばり

 重さ ⇒ 【重力】の大きさ(月と地球で重さは【違う】!)

 質量 ⇒ それ自身の【量】(どこでも【一緒】!)

です。

スポンサーリンク

ad



まず「重さ」の方は

体重計ではかれる重み(重力)

です。

 

体重60kgの人なら

【地球】では60kgのまま

ですが、

【月】では10kgに変化

します(月の重力は地球の6分の1)。

 

一方「質量」は

絶対に変わることのない量そのもの

なので、体重60kgの人は

【月】でも【地球】でも体重60kgの質量

となります。

 

「質量」は

体重計ではかることはできない

ので、

てんびん

を使って測ります。

 

ちなみに、

 地球の重力はどこでも一緒ではない

ということも合わせて覚えておいてください。

 

地球は回転(自転)しているので

赤道付近で最も遠心力が強く、極地(北極・南極)で最も遠心力が弱く

なっています。

 

つまり、地球の重力は

赤道で最小、極地で最大

ということです。

※ 地球がものを引っ張る力=万有引力はほぼ同じですが、地球は楕円形なのでまったく同じではありません

詳しくは『万有引力と重力は同じ?万有引力と重力の関係は?』を参照

 

例えば、100kgの人が体重計で重さを計ったとすると

 極地 ⇒ 100kg

 赤道 ⇒ 99.6kg

ほどとなり、

およそ400g(0.4%)の違い

がでてきます。

 

なお、

【地上】と【上空】で比較しても重力は変化

していて、

【上空】の方が地球の中心との距離が遠いので万有引力が小さい ⇒ 重力が小さい ⇒ 重くない

となります。

 

その他にも地球と他の天体(太陽など)との引力によっても重力は変わりるため、

 重さ ⇒ 重力をもとにした変わりやすい量

 質量 ⇒ 変わることのない絶対量

と覚えておけば大丈夫でしょう。

 

以上、『重さと質量の違いは?』について簡単にまとめました。

お読みいただきありがとうございました<(_ _)>

 

『重さと質量の違いは?』まとめ

 重さ ⇒ 重力をもとにした変わりやすい量(体重計で測定可能;月と地球で値は変わり、同じ地球でも場所によって違う)

 質量 ⇒ 変わることのない絶対量(どこでも不変)

ad



ad



-科学の雑学Q&A, 物理学・天文学・気象学
-雑学, 物理

Copyright© 科学情報誌(HOME) , 2019 AllRights Reserved.