"/>

生物学 科学の雑学Q&A

『たんこぶってなんだ!?』ー”適切な処置法”と”似た症状”を2分で!

更新日:

 

今回は『たんこぶ』として、

1、【たんこぶ】とは?

2、【処置はどうする?/似ているけど【違う症状もある?

の2つを中心に、”わかりやすく・簡単に” まとめていきます。

スポンサーリンク

ad

『たんこぶってなんだ!?』ー”適切な処置法”と”似た症状”

 

たんこぶとは?

 

まずは『たんこぶとは?』から。

 

たんこぶとは、ずばり

血のかたまり

です。

 

普通、ケガをすると

傷ができて出血する

のですが、たんこぶができているとき

傷がない ⇒ 血が外に逃げられない ⇒ 血が溜まる

という流れで

血のふくらみができる

のです。

 

ちなみに、たんこぶは

漢字では「頭出腫」

と書きます(頭が出て腫れる)。

 

たんこぶ自体は

危険性が低い

ので基本的に心配はいりませんが、

 分かりづらい「こぶ」

 腫瘍(しゅよう)

の場合には注意が必要です。

 

「たんこぶ」についてはざっくりと理解していただけたと思うので、「対処法や似た症状」を詳しくみていきましょう!

スポンサーリンク

ad

たんこぶの処置法/似た症状まとめ

 

ここからは『たんこぶの処置法/似た症状まとめ』です。

 

まず「たんこぶの処置法」としては、

・ 痛みが引くまで待つ(~3日ほど)

⇒ 温める

だけでOKです。

 

たんこぶがひどい(内出血がひどい)場合

には、

痛みを軽減させるために冷却

すると少し効果があります。

 

基本的に

たんこぶは放置して問題ない

のですが、

たんこぶができたときに、脳に強い衝撃を与えてしまった場合

だけは例外です。

 

脳に不安があるときは、

「たんこぶ」の有無に関係なく病院に行った方がいい

でしょう。

 

ただし、病院にいっても

脳の診断は困難

なのが現実なので、個人的には

しばらく様子見

でもいいと思います(無責任ですが…)。

 

 

さて、「たんこぶの処置法」は簡単に説明したので

「たんこぶに似た症状」

をご紹介しておきましょう。

 

1、肉芽腫(にくがしゅ):細胞の炎症

血の塊がぷっくりと膨らんで(ポリープ状)見えることが多い ⇒ 病院へ

2、繊維腫:筋肉や脂肪の塊(腫瘍)

細胞がふくらんで見えることが多い ⇒ 病院へ

3、水ぶくれ:やけど

冷やしてガーゼなどで保護 ⇒ 放置でOK

 

以上の3つが「(たん)こぶ」と間違えやすい症状です。

 

「肉芽腫」「繊維腫」は必ず病院へ、「水ぶくれ」は放置で問題ないでしょう。

 

一応、「水ぶくれ」が破ければ感染症のリスクが伴いますが、この程度で病院に診断に行くのは現実的ではありません(幼児や高齢者などで免疫系に不安のある方は例外)。

 

 

以上、『たんこぶの処置法/似た症状まとめ』でした!

これにて『たんこぶってなんだ!?ー”適切な処置法”と”似た症状”』は終了です。

ご朗読ありがとうございました<(_ _)>

 

ad

ad

-生物学, 科学の雑学Q&A

Copyright© 科学情報誌(HOME) , 2018 AllRights Reserved.