"/>

生物学 科学の雑学Q&A

『カタツムリ VS ナメクジ』ー違いは?速さは?塩に弱い?

更新日:

 

今回は『【カタツムリ】VS【ナメクジ】』として、

1、【カタツムリ】と【ナメクジ】の違いは?

2、速さ】は違う?/どっちも塩に弱い

の2つを中心に、”わかりやすく・簡単に” まとめていきます。

スポンサーリンク

ad

『【カタツムリ】VS【ナメクジ】/違いは?速さは?塩に弱い?』

 

カタツムリとナメクジの違いは?

 

まずは『カタツムリとナメクジの違いは?』から。

 

カタツムリとナメクジの違いは、

カタツムリ ⇒ 丸っこい殻をもった貝の仲間(陸上有肺類の一部)

ナメクジ ⇒ カタツムリの殻がなくなったもの

で、そもそも

まったく違う生き物

です。

 

カタツムリの殻は、

体の一部

で、

肺や肝臓などは殻にくっついている

ので、

殻をはがされればすぐに死んで

しまいます。

 

そのため、実験目的なら問題ありませんが、嫌がらせで殻から引っこ抜くのはやめてあげましょう。

 

決してナメクジになることはありませんので…。

 

ちなみに、カタツムリもナメクジも

雌雄同体(オスでもありメスでもある)

なので、

自家受精(自分だけで子供を作ること)

ができます。

 

ただ、自家受精だと

子供が正常に生まれないことが多い

ので、

よほどのことがない限り他家授精

をします。

 

裏を返せば、

足が遅くてなかなか交配相手とめぐり合えない

からこそ、

自分だけで子供を作れる機能が備わっている

のですね。

 

以上、簡単にですが『カタツムリとナメクジの違いは?』についてまとめました。

 

では、もう少し詳しく『カタツムリ VS ナメクジ』で両者を戦わせてみましょう!

スポンサーリンク

ad

カタツムリVSナメクジで、速さは違う?/塩への弱さは?

 

ここからは『【カタツムリ】VS【ナメクジ】~速さは違う?/塩への弱さは?』です。

 

まず「速さの違い」ですが、どちらも

移動速度はほとんど変わらない

ため、

”速さ” は引き分け

です。

 

いくつかの実験では

ナメクジの方がちょっとだけ速い

というデータもありますが、

統計的に有効な研究ではない

ので考慮すべきではないでしょう。

 

サンプルデータ、分析手法、有意性のいずれも杜撰なものでした(”私が読んだ論文では” の話ですが)。

 

続いて「塩への弱さ」ですが、

カタツムリ ⇒ 塩に強い種が多い(塩につけられても大丈夫な種もいる)

ナメクジ ⇒ ほぼ全種類、塩に弱い

ということで、

”塩耐性” はカタツムリの圧勝

です。

 

というのも、

カタツムリは殻があるおかげで、入り口だけ保護すればいい

うえに、

分布範囲を広げるため海を越えた種もいる

ほどで、

普通に暮らすうえで触れる程度の塩分には耐性がある

種が多いのです。

 

一方で、

ナメクジは体がむき出しのうえ、ほぼすべてが水分

で、

体のコーテイングが弱い

ので、

塩など水分を吸収するもの(濃度差により浸透圧を生じるもの)

をかけてやれば、

体から水分が抜けて死んで

しまいます。

 

このあとナメクジに水をかければ

みかけ上は体が復活する(大きくなる)

ことがあるのですが、だいたいは

内臓に大きな負荷を与えている

ので、数日で死んでしまうでしょう。

 

ここまで見ると、

【ナメクジ】より【カタツムリ】の方が優秀では?

と思っていまい、

なぜ【ナメクジ】は殻を失う進化をしたの?

と疑問に思うかもしれません。

 

進化の理由は、殻を持っていたって

 捕食者にはけっこう食べられる

 生活してて塩などに触れることはマレ

なうえに、

殻を維持するためにいっぱいエサを食べなきゃならない

ので、

殻を保持して得られる繁殖率 ≦ 殻を捨てて得られる繁殖率

だった種がいたためだと考えられます。

 

実際に

カタツムリからナメクジに進化中(殻が小さくなっている)

の種は多く、

どうせ殻があっても大して役に立たないのなら、省エネでいこう

と進化が進んだのかもしれませんね。

 

 

以上、『【カタツムリ】VS【ナメクジ】~速さは違う?/塩への弱さは?』でした。

これにて『【カタツムリ】VS【ナメクジ】/違いは?速さは?塩に弱い?』は終了です。

ご朗読ありがとうございました<(_ _)>

 

ad

ad

-生物学, 科学の雑学Q&A

Copyright© 科学情報誌(HOME) , 2018 AllRights Reserved.