"/>

物理学・天文学・気象学 科学の雑学Q&A

宇宙の温度は何度くらい?|疑問を2分で!

投稿日:

 

今回は『宇宙の雑学』として、

宇宙の温度は何度くらい?

という疑問に、”わかりやすく・簡単に” 答えていきます。

宇宙の温度は何度くらい?

 

宇宙の温度は何度くらい?

 

さっそく『宇宙の温度は何度くらい?』の答えから!

 

宇宙の温度は何度」は、ずばり

 マイナス270℃くらい

で、「宇宙の気温が低い理由」は

【空気】がないから

です。

スポンサーリンク

ad



まず「温度」というのは

【分子の(運動)エネルギー量】を表す数字

であり、わかりやすくいえば

【分子がどれだけ動き回っているか】を表すもの

です。

 

例えば、「地球の空気」の場合では

【窒素】や【酸素】など【空気を構成している分子の運動エネルギー】

に比例した値が「温度」となります。

 

つまり、

温度が生じるためには【分子】が必要

なのに、

宇宙には【空気】という【原子・分子】がほとんど存在しない(正確には1cm3あたりに1~2個はあります)

ため、

温度がない ≒ 絶対零度(最低気温となる-273℃)

とほぼ同じ

-270℃ほど

になるわけです。

 

ただし、これは

 太陽のような【恒星】が近くにないケースの話

(恒星:星自体がエネルギーを持ち光を放つ星)

で、恒星が近くにあると

 【熱放射】という【光がもっている熱エネルギー】

(太陽光やたき火で暖かく感じるのは、光と一緒にやってくる【熱放射】のため)

が影響するため、温度は

恒星までの距離が近くなるほど高温になって

いきます。

 

なお、

 ヒトが宇宙に放り出された場合

を考えてみると

熱を伝導する空気が存在しない

ため、

「-270℃」という気温を感じて寒くなることはない

です。

 

ただし、

体中の水分子が宇宙に逃げていく(蒸発に近い現象)

ため、

気化熱によって体はゆっくりと冷えていく

でしょう。

 

よく

 宇宙では凍死する!

 逆に熱が逃げず圧力もないから沸騰する!

と勘違いしている人がいますが、実際は

凍死もしなければ沸騰もせず、ただの酸欠によって10~30秒で意識を失い死ぬだけ

です(ただし、水分の蒸発によって体にダメージは受けます)。

 

以上、『宇宙の温度は何度くらい?』について簡単にまとめました。

お読みいただきありがとうございました<(_ _)>

 

『宇宙の温度は何度くらい?』まとめ

 宇宙の温度 ⇒ マイナス270℃ほど

ad



ad



-物理学・天文学・気象学, 科学の雑学Q&A
-天文学・気象学, 雑学

Copyright© 科学情報誌(HOME) , 2019 AllRights Reserved.