『クジラが潮をふく理由は?/なぜ?/そもそも何?』ー2分で解消!

更新日:

 

今回は『クジラの潮ふき』として、

1、クジラが潮をふく理由は?/なぜ?

2、潮の正体は?

の2つを中心に、”わかりやすく・簡単に” ご紹介します。

スポンサーリンク

アドセンス自動




『クジラが潮をふく理由は?/なぜ?/そもそも何?』ー2分で解消!

クジラが潮をふく理由は?/なぜ?/潮の正体は?

 

さっそく『クジラが潮をふく理由は?/なぜ?/潮の正体は?』から。

 

クジラが潮を吹いている【穴】は、

にあたります。

 

もうお分りかもしれません。

 

潮の正体は、

空気(呼吸)

なのです。

 

ちょうど水泳の息継ぎで、水面に上がったとき思いっきり息を吐きだすのと同じ感覚です。

 

 

では、なぜ

息なのに、水しぶきのように見える

のでしょうか?

 

それは、

息がクジラの肺のなかで温められているから

です。

 

 

冬になると、はく息が白くみえると思いますが、その現象と一緒で

暖かい空気(息)が、冷たい外の空気に触れることで【水蒸気】としてみえる

のです。

 

より正確に説明すると、

水蒸気を含んだ息が、外気との温度差で視認できる

といった感じです。

 

 

そのため、

気温が低いと潮吹きが見えやすい

一方で、

赤道付近では潮吹きは見えにくい

のです。

 

まぁそうはいっても、

クジラが赤道を越えることはほとんどない(ザトウクジラくらい?)

上に、

外気温が35℃を超える帯域にクジラが生息することも稀

なので、

ホエールウォッチングは何も気にしてくてOK

でしょう。

 

沖縄あたりでも、十分にクジラの潮吹きは確認できます。

 

 

以上、『クジラの潮ふき』についてまとめました。

これにて、『クジラが潮をふく理由は?/なぜ?/そもそも何?』は終了です。

ご朗読ありがとうございました<(_ _)>

この雑学シリーズは意外と人気があるようなので、これからもこまめに追加していきたいと思います。

スポンサーリンク

アドセンス自動




『クジラが潮をふく理由は?/なぜ?/そもそも何?』まとめ

・ クジラは【鼻】から潮を吹いている

・ 潮の正体は、クジラの息(呼吸)

・ 肺の中で温められた息(水蒸気を含む)が外の冷たい空気に触れることで視認できる

・ クジラが外気35℃以上に長期滞在することはマレなので、ホエールウォッチングに大きな支障はない

 

アドセンス自動




アドセンス自動




-科学の雑学Q&A

Copyright© 科学情報誌(HOME) , 2018 AllRights Reserved.