"/>

科学の雑学Q&A

『コラーゲン』ーお肌にいいって本当?ゼラチンは吸収できる?

更新日:

 

お肌に良いと女性に人気の「コラーゲン」。

 

確かに皮膚の下にある真皮にはコラーゲンが豊富に含まれていますが、

「コラーゲンの摂取=肌のはり」と直結するのでしょうか?

 

今回は『コラーゲンーお肌にいいって本当?ゼラチンは吸収できる?』として、

1、コラーゲンとは?

2、コラーゲンはそのまま吸収される?

の2本立てでお送りします。

スポンサーリンク

ad

コラーゲン/お肌にいい?ゼラチンは吸収できる?

コラーゲン・ゼラチンとは?

 

 コラーゲンはタンパク質の1種です。

 

ヒトの体のほとんどの部品はタンパク質をもとに成り立っていますが、

そのタンパク質のおよそ3割がコラーゲンで、最も比率が高い種類です。

 

コラーゲンは主に、細胞外マトリックスという細胞と細胞の間の空間を埋める成分です

わかりやすく言い換えると体を支える土台」のようなイメージです。

 

骨の場合では、芯となる部分がコラーゲンで、その周りをリン酸カルシウムが覆うことで形成されています。

 

実際に、コラーゲンの4割は肌に使われていますが、2割は骨や軟骨に含まれています。

 

こういった「体を支える」以外にも細胞の増殖を促進させる働きもあって、

熱を加えればゼリーのような「ゼラチン」になります

 

そのため、飲食店で見かけるコラーゲンは、とろとろした感触になっていますよね。

コラーゲン

 

では、コラーゲンブームである昨今、この「ゼラチン」をそのまま食べればコラーゲンを体内に取り込むことができるのでしょうか?

答えは「否」です

 

正確には「効果はあるが有効性は高くない」ということです。

詳しく説明していきましょう。

スポンサーリンク

ad

コラーゲン・ゼラチンはそのまま吸収される?

 

コラーゲンは消化されにくい性質をもっていて、食べたコラーゲンがそのまま吸収されることはありません

 

消化酵素で分解された後吸収されるため、

コラーゲンの材料となるアミノ酸は獲得できますが、体内のコラーゲン自体は直接増えません

 

加えて、「コラーゲンの材料となるアミノ酸」は20種あるのですが、

必須アミノ酸はわずかで、通常の食事を行っていれば不足することはありません

 

そのため「コラーゲンを摂取すれば肌が良くなる」とは言い切れません

 

ただし、細胞実験によれば

コラーゲンがすべて単体のアミノ酸として吸収されるわけではなく、一部は2、3つ連なった状態で吸収される(ジ、トリペプチド)」

という論文があるため、効果がないとは言い切れません。

 

よって、「効果はあるが有効性は高くない」という曖昧な表現にとどめました。

 

今後、ヒトを対象とした経時的実験が増えてくれば、コラーゲン摂取の効用も明確に判明してくると考えられます。

現時点では「不明な点が多く効果はわからない」と理解しておいてください。

 

以上、『コラーゲンーお肌にいいって本当?ゼラチンは吸収できる?』でした!

ご朗読ありがとうございました<(_ _)>

記事をブックマーク&シェアなどしていただけると大変ありがたいです。。。

 

「コラーゲン/お肌にいい?ゼラチンは吸収できる?」まとめ

コラーゲンとは?

・ コラーゲンはタンパク質の1種で、タンパク質のおよそ3割をコラーゲンが占める

・ コラーゲンは主に、細胞と細胞の間の空間を埋める成分

・ 熱を加えればゼリーのようなゼラチンになる

コラーゲンはそのまま吸収される?

・ 食べたコラーゲンがそのまま吸収されることはない

・ 消化酵素で分解されるため、材料となるアミノ酸は獲得でるが、通常の食事でそれらが不足することはまずない

・ ただし、摂取したコラーゲンがすべて単体のアミノ酸として吸収されるわけではないため、美容効果がある可能性は否定できない

ad

ad

-科学の雑学Q&A
-雑学

Copyright© 科学情報誌(HOME) , 2018 AllRights Reserved.