"/>

おすすめ記事 数学・統計学

『1÷(割る)0』ーなぜ数を0で割ってはいけない?理由は?答えと証明は?

更新日:

 

小学校には「数を0で割ってはいけない」という鉄の校則があります

校則なので守らないといけません。

 

なぜ、どうしてと先生に尋ねると「そういう決まりだから」ときちんと答えてくれません。

不良グループの子供たちは、我先にと0で割ってみますがどうにもなりません。

そんな全国の小学生の不満を解消するために、

今回は『1÷(割る)0ーなぜ数を0で割ってはいけない?理由は?答えと証明は?』として、

「数を0で割ってはいけない理由」を世界一わかりやすく説明します

スポンサーリンク

ad

『1÷(割る)0』ーなぜ数を0で割ってはいけない?理由は?答えと証明は?

1÷(割る)0をやってはいけない理由ー答えと証明付き

 

前回の ”『1×0=0』ー0を掛ければ答えは必ず0?” で、

数に0を掛けたら答えは0になる」ということを説明しました。

※ ここから気になる方は、申し訳ないのですが『1×(かける)0=0/0を掛ければ答えは必ず0…ではない!証明付きで解説!』からお読みください<(_ _)>

 

せっかくなので、この「1×0=0」というのを使いましょう。

 

今回は「1÷(割る)0をやってはいけない理由」、

つまり「1÷0」の答えを求めてみます(証明)

 

割り算のままではわかりづらいので、まずは掛け算に直します。

 

 A、B、Cを数として、「A÷B=C」を掛け算に変えるとどうなりますか?

 

両辺にBを掛けて「A=B×C」ですね。

 

今回は「0で割る」ということなので、「A÷B=C」のB=0の場合です。

 

そうすると、

A=B×C=0×C

見えやすく並び替えると「C×0=A」です。

 

 

この形、どこかで見たことありませんか?

 

そう、「1×0=0」とよく似ています。

 

「0を掛けたら答えは0」なので、「C×0=A」のAは必ず0でなければなりませんね。

Cがどんな数であっても、Cに0を掛けるので「C×0=0」、つまりA=0は絶対です。

 

でも、ちょっと待ってください。

「1÷0」のときは、A=1だったありませんか?

Aは1だったはずなのに、いつのまにか必ず0でなければならなくなっています

 

そうです、この「矛盾」が「数を0で割ってはいけない理由」そのものです。

 

つまり「A÷0=C ⇒ C×0=A」と式をたてても、

Aは0以外ありえないし、Cがどんな数かわからないのです。

 

言い換えると、Aが0以外の場合、例えば「1÷0=C」という式は絶対に成立しないということになります(C×0=1となるから)

 

逆にA=0の場合、「0÷0=C ⇒ C×0=0」なので、Cはどんな数でも問題ありません

 

なので、先生に「0で割ることはできない」といわれたら「0を0で割ることはできるじゃないですか」と反論してあげましょう!

 

いかがだったでしょうか?

「0で割ってはいけない」という常識が、実は常識でないことが少しわかっていただけたでしょうか?

 

小学生の方も勉強を大変に感じていると思いますが、

素朴な疑問をたくさん持って順序立てて考えていくことが非常に大切だと私は考えています。

 

「東大に行きたい」という目標があるのならば、最終的な学力レベルを想定して、

1か月後、半年後、1年後にどのレベルまで経験値を積む必要があるのか論理的に考えていくことです。

 

東大・京大程度なら医学部でない限り、誰だって入れる難易度です。

まぁ…京大ならまだしも、東大理Ⅲとなると私も受かっていた自信はありませんがw

妥協も大切だと、仮想の小学生に説き伏せて結びとさせていただきます<(_ _)>

 

以上、『1÷(割る)0ーなぜ数を0で割ってはいけない?理由は?答えと証明は?』でした!

ご朗読ありがとうございました<(_ _)>

記事をブックマーク&シェアなどしていただけると大変ありがたいです。。。

スポンサーリンク

ad

「1÷(割る)0ーなぜ数を0で割ってはいけない?理由は?答えと証明は?」まとめ

数を0で割ってはいけない理由

A、Cを数として、「A÷0=C」を考える

A÷0=C ⇒ A=0×C なので「C×0=A」

Cがどんな数であっても、Cに0を掛けるので「C×0=0」、つまりA=0

したがって、Aは0以外ありえないし、Cがどんな数かわからない

言い換えると、Aが0以外の場合、例えば「1÷0=C」という式は絶対に成立しない(C×0=1となるから)

逆にA=0の場合、「0÷0=C ⇒ C×0=0」なのでCはどんな数でも問題ない

つまり、0を0で割ることだけは可能で、その答えはどんな数にでもなる

ad

ad

-おすすめ記事, 数学・統計学
-数学, 雑学

Copyright© 科学情報誌(HOME) , 2018 AllRights Reserved.