"/>

科学の雑学Q&A 遺伝学

三毛猫のオス確率は?メスが多い理由は?|疑問を2分で!

投稿日:

 

今回は『三毛猫の雑学』として、

1、三毛猫のオスの確率は?

2、メスが多い理由は?

という2つの疑問に、”わかりやすく・簡単に” 答えていきます。

 三毛猫って?

3つの毛色をもつ猫のこと。日本では【茶】【黒】【白】の3色が多い('◇')ゞ

三毛猫のオス確率は?|メスが多い理由は?

 

三毛猫のオス確率は?|メスが多い理由は?

 

さっそく『三毛猫のオス確率は?|メスが多い理由は?』の答えから!

 

三毛猫のオスの確率」は、およそ

 3万分の1

で、「メスが多い理由」は

【性別を決める遺伝子(性染色体)】と【毛の色】が一緒に子どもに伝わるから

です。

スポンサーリンク

ad



ネコの「性別を決める遺伝子」は

人間と同じ

【X染色体】と【Y染色体】の組み合わせ

で決まっていて

【X染色体】が2つ ⇒ メス

【X染色体】&【Y染色体】が1つずつ ⇒ オス

となります。

 

このとき、

毛の色を決める遺伝子は【X染色体】の中

にあり、しかも

1つの【X染色体】につき1つの色しかもたない

ので、「三毛猫」のように

3つの色をもつためには【X染色体】が2つ必要

になります。

 

例えば、日本でよく見かける「三毛猫」が生まれるのは

【X染色体】の1つが【茶色】

【X染色体】のもう1つが【黒色】

となるケースで、残りの1色

色がない【白色】

となっています。

 

つまり、「三毛猫」は

2種の異なる色をもつために必ず2つの【X染色体】をもたなければならない

ので、必然的に

【メス】になる

わけですね。

 

例外として、

オスの三毛猫が生まれる原因

として

 染色体に異常があるとき(オスなのにX染色体が1つ多いXXY型)

 細胞に異常があるとき(モザイクなどの遺伝的変異)

 遺伝子組み換えが生じたとき

など

正常個体でないケース

だけなので、一般に

発生確率が低く、繁殖能力も高くない&遺伝しないケースが多い

ため

個体数は増えない

のです。

 

以上、『三毛猫のオス確率は?|メスが多い理由は?』について簡単にまとめました。

お読みいただきありがとうございました<(_ _)>

 

『三毛猫のオス確率は?|メスが多い理由は?』まとめ

 三毛猫のオスの確率 ⇒ だいたい3万分の1ほど

 メスが多い理由は? ⇒ 3つの毛色をもつためには2種類の毛色(残り1つは白でOK)が必要で、毛色はX染色体上にあるため必然的に性染色体はXXの組み合わせが必要となりメスが生まれるから

ad



ad



-科学の雑学Q&A, 遺伝学
-生物, 遺伝, 雑学

Copyright© 科学情報誌(HOME) , 2019 AllRights Reserved.